Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のコーヒー愛好家に台湾の味を与える短編映画

台北、11月9日(CNA)台湾のコーヒー生産の歴史を愛、家族、関係の物語に織り込んだ短編映画が、農業評議会(COA)の推進活動の一環として、全国の25のコーヒーショップで上映されます。島の特産豆。

COAがプロデュースする「ButFirst、the Coffee」は、日本から帰国した台湾のバリスタを追いながら、おいしいコーヒーの作り方を模索しています。 その過程で、この映画は島で育つコーヒーの環境、歴史、文化も紹介しています。

台湾と日本の俳優が主演する40分間の映画は、日本の統治下にあった東南アジアで最大のコーヒー豆の輸出国としての台湾の歴史とともに、各キャラクターの最初のコーヒーに関連する貴重な思い出を中心に展開しています。

COAによると、映画の公開に合わせて、台湾産のコーヒー豆が映画が上映されるカフェや日本の他の15か所で販売される予定です。

同庁は、台湾のコーヒーの多様なフレーバーが日本の人々やパートナーから強い関心を集めていると付け加えた。

映画はまた見ることができます https://www.YouTube.com/channel/UCm_fHQShIWVbqO6P_qe8rcg、台湾の専門コーヒープロバイダーに関する情報は次のURLで入手できます。 https://www.taiwancoffee.tw/tw/index.html、北京語と日本語。

(ウー・シンユンとイ・シンインによる)

最終品目/ ASG

READ  何もすることがないとき、あなたは何をしますか...