Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のゴム先物、3日の連勝記録を止める – マーケット

日本のゴム先物、3日の連勝記録を止める – マーケット

シンガポール:中国からの製造業統計の阻害要因と円高の継続にトレーダーらが反応したため、水曜、日本のゴム先物相場は3日間続いた上昇が止まった。

大阪取引所(OSE)ゴムの5月渡しは2.7円(1%)安の1キログラム当たり268円(1.82米ドル)で取引を終えた。

上海先物取引所(SHFE)の1月渡しのゴム契約は300元(2.2%)安の1トン当たり1万3605元(1911.03ドル)と、3カ月ぶりの安値となった。 中国の製造業活動は11月に2か月連続で縮小する可能性が高い。 ロイター 調査では、工場経営者が国内外で注文獲得に苦戦する中、さらなる景気刺激策を求める声が続いていることが示された。 最近の取引で日本円は対ドルで0.3%上昇し、2カ月以上ぶりの高水準となる1ドル=147.08円となった。

円高により、円建て資産を他の通貨で購入するよりも安くなります。 日銀は来年中に超緩和金融政策からの離脱を開始するとみられており、ロイター調査ではエコノミストの半数以上が4月の解除を予想している。

トヨタ自動車は水曜日、半導体不足の緩和とサプライヤー施設での事故の影響により、10月の世界自動車生産が記録的な水準に達したと発表した。 米国の消費者信頼感指数は3カ月連続の低下の後、11月に上昇し、米国人は価格や金利の上昇を懸念し続けているにもかかわらず、今後6か月間で車や住宅などの高額購入を計画している。

日本の日経平均株価は0.26%安で取引を終えた。 シンガポール取引所のSICOMプラットフォームでの前月ゴム契約12月渡しは0.1%安の1kg当たり144.5米セントで取引された。

READ  1つ目:ロシアの制裁違反を阻止するための新たな取り組み