Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のゴム先物が下落 – マーケット

日本のゴム先物が下落 – マーケット

シンガポール:日本のゴム先物相場は、金曜日の基準値が下落して終了したにもかかわらず、主要な買い手である中国の需要低迷に引きずられて、2週連続の上昇を記録した。

大阪ゴムの11月渡しは0.9円(0.4%)安の1キロ当たり212.0円(1.52ドル)で取引を終えた。 中国のさらなる景気刺激策への期待から、指標となる契約は今週1%上昇した。

上海証券取引所のゴム契約9月渡しは30元安の1トン当たり1万2060元(1693.08ドル)で終了した。 日本の指標となる日経平均株価は1.97%上昇して終了した。 ゴムに特化した独立系データ会社ヘリックスタップ・テクノロジーズのファラ・ミラー最高経営責任者(CEO)は、今週は主に技術主導で行われ、中国の需要が変化するまではこのままだろうと述べた。

ミラー氏は、週半ばの上昇は売られすぎの後の調整であり、現物価格と先物価格の差が縮まったと述べた。

需要の低迷が製造業の低迷を圧迫し、脆弱な景気回復に影を落としたため、中国の工場価格は5月に過去7年で最も速いペースで、予想を上回るペースで下落した。

中国商務省は木曜日、6月から12月まで実施される自動車購入促進キャンペーンを発表した。

この発表は、5月の中国の乗用車販売が4月に比べて7.3%増加し、同月を上回ったものの、政策当局者が期待していた力強い回復には程遠いというデータが示された直後に行われた。

READ  日本のモビリティEXPOでスタートアップが大企業と競う