Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のサービス価格の伸びは堅調で、30年ぶりの高水準を維持

日本のサービス価格の伸びは堅調で、30年ぶりの高水準を維持

日本の企業向けサービス価格の上昇は30年ぶりの高水準で安定しており、この展開は日銀が今後数カ月間に政策正常化に向けて取り組むとの観測を高める可能性が高い。

日本銀行は火曜日、日本のサービス生産者物価指数(企業が他の企業や政府機関に提供するさまざまな商品やサービスのコストを測定する指標)が11月に前年同月比2.3%上昇したと発表した。 2.3%上昇は2か月目で、消費税増税の期間を除けば1992年4月以来の最高ペースとなった。 上昇率はコンセンサス予想の2.4%上昇よりも若干遅かった。

データによると、ホテル、オンライン広告、陸上交通機関が年間変化に最も大きく寄与していることが判明した。 特にホテルは、疫病規制解除後の国内観光客の増加と国内旅行需要を背景に、前年比51.8%増加した。

日本の主要な消費者インフレ指標は11月に低下したが、サービス価格は1993年10月以来の速いペースで上昇しており、広範なインフレが一時的なコスト上昇要因を超えて進んでいる可能性があることを示唆している。

日本銀行の上田和夫総裁は月曜日の講演で、コアインフレは引き続き安定する可能性があると述べた。 同氏は、輸入物価への圧力が弱まれば物価と賃金の上昇が止まると主張する人もいるが、同氏はより楽観的だと指摘した。

上田氏は「今度は日本経済が低インフレ環境から脱却し、賃金と物価の好循環が実現することを期待している」と語った。

ブルームバーグの調査によると、エコノミストの約3分の2が4月までにマイナス金利が終了すると予想している。

READ  アジア市場は米国の雇用報告に先立って下落