Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のサービス価格は、コロナウイルスの痛みが治まるにつれて、8か月で最大の上昇を記録します

木原レイカ

東京 -木曜日のデータによると、日本の企業サービスの価格は5月の8か月間で最も速い年率で上昇し、世界的な数字の兆候が高まっています。 3経済は、昨年のコロナウイルスパンデミックの壊滅的な影響から徐々に浮上しています。

利益は主に昨年の不振の根本的な影響によるものですが、ホテルと交通費の上昇は経済活動の再開を示しており、原材料費の上昇は日本が進行中のデフレに戻るのを妨げています。

「非常事態宣言の影響は、昨年の同時期ほど大きくはありませんでした」と、清水茂社長は語った。 ファイティング価格統計部門はプレスリリースで述べた。 「一部の地域では、日本のゴールデンウィークの休暇中に観光客が戻ってきました。」

日本銀行のデータによると、5月のサービスの生産者物価指数(企業がサービスに請求する価格)は、前年同月比1.5%上昇し、3ヶ月連続の上昇と昨年9月以来の最も速いペースで上昇した。

5月のテレビ広告料は、主に昨年の減少の根底にある影響により、前年比で過去最高の35%増加しました。 データによると、海外輸送コストは、燃料費の上昇と中国からの海上貨物の強い需要を反映して、過去最高の34%増加しました。

ホテルの請求額は0.3%増加し、2年ぶりの増加となりました。これは、5月に一部の州で緊急規制が課されたにもかかわらず、一部の国内観光地で訪問者数が回復したためです。

データによると、5月の価格上昇を示した指数要素の数は76であり、4月よりも15多い。これは、インフレ圧力が拡大していることを示している。

しかし、卸売価格の上昇が消費者インフレの上昇につながるかどうかについては不確実性があります。 企業は、内需の低迷により、増加したコストを家計に転嫁することに引き続き警戒している。

日本の主要消費者物価は5月に前年比0.1%上昇し、1年以上ぶりに上昇したが、これは主にエネルギー価格の反発によるものである。

日本経済は第1四半期に前年比3.9%縮小し、多くのアナリストは、エピデミック消費と戦うために緊急事態が緩和されたため、4月と6月の回復は緩やかになると予想しています。

政府は現在、規制を緩和しているが、7月23日から始まる東京五輪に先駆けて感染が増えるのを防ぐため、東京を含む一部の地域では7月11日まで「半緊急」措置を講じると述べた。

READ  COVID-19により実業家のシッダートシュリラムが通過