Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のサービス部門の活動は、パンデミックの間に初めて成長します

東京(ロイター)-日本のサービス部門の活動は、コロナウイルスのパンデミックが弱まった後、消費者の信頼が回復し、需要が大幅に増加したため、10月の21か月ぶりに成長しました。

政府は9月に、新たな感染と死亡がその月に急速に減少し、医療システムへの負担が軽減されたため、健康危機を封じ込めるために課された非常事態制限の状態を終了しました。

調査をまとめたIHSMarkitのエコノミストであるOsamaBhattiは、次のように述べています。

「企業は、雇用創出率が3か月で最低レベルに低下したにもかかわらず、需要が徐々に回復することを見越して能力開発を続けました。」

じぶん銀行の最新の日本のサービス購買担当者指数は、前月の47.8から季節調整済みの50.7に上昇し、クイックリーディングと一致しました。

これは、サービス部門の活動が50.0のしきい値を上回ったままであり、COVID-19による深刻な景気後退を経験する前に、2020年1月以来初めて縮小と拡大を分離したことを意味します。

20か月の落ち込みは、世界的な金融危機の間、2010年3月までの27か月でこの種の最長の連続でした。

一部のエコノミストは、サービス部門のセンチメントのより強い回復が、持続的な世界的なチップとスペアパーツの供給不足に見舞われた生産と輸出の減速を相殺することを望んでいます。

PMIの調査によると、サービス部門は2019年11月以来最大の投入価格の上昇を経験しましたが、全体的な事業活動の拡大にもかかわらず、新規および保留中の事業は縮小を続けました。

製造業とサービス業の両方を使用して計算された複合PMIは、6か月ぶりに拡大し、9月の最終47.9から50.7に上昇しました。

(DanielLosinkによる報告; Sam Holmesによる編集)

READ  マンチェスター・ユナイテッドの移籍ニュース:今年の夏にプレミアリーグのミッドフィールダーに署名するための「基礎が整っている」