Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のサービス部門の活動は7月に急速に縮小した

東京、8月4日(ロイター)-日本のサービス部門の事業は7月に18ヶ月連続で急縮小し、事業運営に打撃を与え、コロナウイルス感染の再発と戦う自信を持った。

コロナウイルスの蔓延が自信と売上の両方に影響を及ぼし、世界第3位の経済の回復見通しを弱体化させたため、事業と新規事業の到着は急速に縮小しました。

ファイナルまたはじぶん銀行日本サービス購買担当者指数(BMI)は、46.4のフラッシュ測定値と比較して、前月のファイナル48.0レベルから47.4の季節調整済みレベルに低下しました。

読書は18か月目をマークし、サービスのパフォーマンスは50.0マークを下回りました。これは、2010年3月までの27か月の期間の後の最長の行である拡張から要約を分離します。

調査をまとめたIHSマーケットのエコノミスト、オサマ・パティ氏は、「日本のサービス経済は、需要条件が抑制されていることを示している」と述べた。

「需要が少ないため、日本のサービスプロバイダーは2020年12月以来初めてスタッフを削減しました。」

日本は金曜日に、オリンピック開催都市の東京に近い3つの州と大阪の西部州に緊急制御を拡大することを決定し、サービス部門の運営にさらに潜在的な強風を吹き込んだ。

しかし、調査によれば、企業は過去12か月よりわずかに低かったものの、12か月先の状況について楽観的でした。

製造業とサービス業の両方を使用して計算された最終またはじぶん銀行フラッシュジャパン共同BMIは、6月末の48.9から48.8に低下しました。 (DanielLeucineによる報告; Sam Holmesによる編集)

READ  東京日記:韓国と日本が時計を回す| 東京オリンピック2020