Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のジャーナリストがミャンマーで「フェイクニュース」で起訴された

東南アジアの日本大使館は月曜日、4月中旬以降ミャンマーの治安部隊に拘束された日本のフリーランスジャーナリストが軍事フンタによる「フェイクニュース」の拡散で起訴されたと述べた。

日本大使館の関係者は、木田住有希氏は健康上の問題は見られなかったと述べた。 | 京都

木田澄有希さん(45)は、2月のクーデター後に改正刑法で有罪判決を受けた場合、最高3年の懲役に直面する。

4月18日、キッタスミはミャンマー最大の都市ヤンゴンの自宅から逮捕され、連れ去られました。 彼は自宅軟禁で有名なヤンゴン刑務所に拘禁されています。

ジャーナリストは健康上の問題を示さず、大使館の職員は、大使館が軍政に彼を釈放するよう引き続き促していると述べた。

彼は、アウンサンスーチー主導の文民政府を追放した2月1日のクーデターで、政府が管理する軍隊に対する抗議の中で逮捕された。

日本の最高政府スポークスマン、内閣官房長官の門勝信は、4月20日、ミャンマーの治安部隊に対し、定例会議で木田住を釈放するよう求めた。

以前は東京を拠点とする日経ビジネスで毎日働いていたジャーナリストは、オンラインの反政府抗議を取り上げ、軍に批判的であると見なされたソーシャルメディアのレポートにオンラインで投稿しました。

彼は2月26日にヤンゴンでの抗議行動を報道している間、治安部隊によって一時的に拘留された。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のコロナウイルス予防接種予約システムが失敗しました