Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のスタートアップが宇宙ロボットの人材育成に3,000万ドルを調達、ET CIO

日本のスタートアップが宇宙ロボットの人材育成に3,000万ドルを調達、ET CIO



<p> イーロン・マスク氏とジェフ・ベゾス氏がロケット開発と宇宙到達の課題に取り組んでいる一方で、GitaiのCEO・中ノ瀬翔氏は人件費に焦点を当てている。 彼は、現在使用されている機器は高価すぎる一方で、宇宙で機械を組み立てて検査するのは危険が大きすぎて人間には現実的ではないと考えています。  </p>
<p>“/><figcaption class=イーロン・マスク氏とジェフ・ベゾス氏がロケットや宇宙への挑戦に取り組んでいる一方で、GitaiのCEO・中之瀬翔氏は人件費に焦点を当てている。 現在使用されている機器は高価すぎる一方で、人間が宇宙で機械を組み立ててテストするのは危険すぎて非現実的だと彼は考えています。

新たな資金調達を開始したばかりの日本の新興企業Gitaiは、宇宙で働くコストとリスクを軽減するロボット労働力の創出を目指して米国に進出している。

イーロン・マスクとジェフ・ベゾスがロケット開発と宇宙への挑戦に取り組んでいる間、 ゲタイ 代表取締役社長の中ノ瀬翔氏が着目するのは人件費だ。 現在使用されている機器は高価すぎる一方で、人間が宇宙で機械を組み立ててテストするのは危険すぎて非現実的だと彼は考えています。

「宇宙産業のボトルネックは急速に変化している」と中之瀬氏は月曜日のブルームバーグテレビのインタビューで語った。 「SpaceXやBlueOriginのような大手宇宙企業は宇宙輸送問題を解決しており、ボトルネックを輸送コストから運営コストに変えつつある。」

同氏は、マスク氏のスペースXが宇宙にロケットを送るコストを削減したのと同じように、現在のオプションの数分の一のコストで月や火星で雑用をこなせる宇宙ロボットを構想している。 ギタイのロボットアームとローバーは、安全で手頃な価格の労働力を提供し、運用コストを「100倍」削減するだろうと同氏は述べた。

東京に本拠を置くGetaiは、遠隔操作ロボットの開発を加速するため、40億円(3,000万ドル)の資金調達ラウンドを完了した。 中之瀬氏は、同社はエンジニアの雇用と宇宙での作業に備えたロボットの準備を拡大するため、この資金を従業員の米国への配置に使用すると述べた。

創業 7 年のスタートアップのロボット アームとローバーは、太陽光パネルの設置から溶接までの日常的な建設作業を遠隔で実行できるほか、機器の検査やメンテナンス、組み立て作業も実行できます。 しかし、宇宙で成功するには、放射線被ばくを許容および軽減し、可能な限り効率的に運用する必要もあります。

「私たちは月面のロボットやロボットアームのような宇宙ロボットを設計し、製造しています」と中ノ瀬氏は語った。 「私たちは2021年に国際宇宙ステーション内で最初の技術デモンストレーションを成功裡に実施しました。私たちは今年中に次の技術デモンストレーションを、今度は国際宇宙ステーションの外で実施する予定です。」

現在民間企業に流れているNASAの契約に誘われて、世界中の宇宙関連スタートアップが米国に群がっている。 NASAは、この資金がいつか月経済、つまり宇宙船が人や科学機器を月面に運び、月で希少な鉱物やデータを採掘する未来の基礎となることを期待している。

「日本の宇宙市場は限られている」と中之瀬氏はロサンゼルスの新拠点から語った。 「私たちは米国での事業を拡大することにしました。」

Gitai の投資家には Global Brain Corp. の子会社も含まれています。 株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループヤマトホールディングス株式会社

  • 2023 年 5 月 30 日午後 1 時 03 分 (EST) に投稿

200 万人以上の業界専門家が集まるコミュニティに参加しましょう

ニュースレターを購読して、最新の洞察と分析を入手してください。

ETCIOアプリをダウンロードする

  • リアルタイム更新を取得する
  • お気に入りの記事を保存する


スキャンしてアプリをダウンロード

READ  ハワイアン航空の「日本市場を見越した準備」:CEO