Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のスノッブはエキシビションマッチでフィリピン人を打ち負かしました

日本はフィリピンを25-14、25-9、25-23、25-19で下し、試合は4セット続きましたが、訪問者はフィロイルフライングでのフィリピン全国バレーボール連盟国際チャレンジでワールドクラスのレベルを披露しました。日曜日のVセンター。

石川真佑はエース3点を含む22点を獲得し、37点中19点を獲得した。 宮備エリは19ポイントを追加し、キャプテンの古賀紗理那は1試合あたり8ホールで10ポイントを獲得したもう1人の日本人選手でした。

バレーボールネイションズリーグ(VNL)で4-0を獲得した唯一の無敗のチームである日本は、VNLアンカラのリターンレッグキャンペーンが成功した後、調整を行っています。

「私たちが旅行するので非常に困難な状況でした。私たちにとっては困難でした。過去数日間、私たちは訓練時間を適応させるよう努める必要があります」と古賀は通訳を通して言いました。 「しかし、私たちはポーランドと対戦する準備ができています。」

世界第7位の日本の代表チームは、第2週への勝利の道を継続することを望んで、火曜日の午後7時にスマートアラネータコロシアムで、ミカサ、ヤンテン、ゲルフロール、シノをグローバルスポンサーおよびグローバルサプライヤーとして迎えるイベントでポーランドと対戦します。 、PLDT Homeをプレゼンティングパートナーとして、Rebisco、MGフィリピン、TOP Speed Insurance、Asics、Mayniladを公式スポンサーとして、Havas Ortega、The Look Company、Summit Outdoor Media、Marketing Media Ventures、Strong MediaAdvertisingSolutions。 フィリピンオリンピック委員会、フィリピンスポーツ委員会、タギッグ市、ケソン市、F2ロジスティックスが公式サプライヤーとして参加。

PhilSports Arenaで開催された2015アジアU-23女子バレーボール選手権で日本のU-23チームに出場した古賀は、2回目の訪問で、フィリピンのファンの前でプレーし、チームの存続を支援することを楽しみにしていました。無敗。

「フィリピンにたくさんのファンがいて良かった。素晴らしい雰囲気だった。彼らがVNLを観てくれることを願っている」と古賀氏は語った。

より多くのコートタイムを与えられて、プレミアリーグのトップバレーボール選手であるトッツカルロスは、彼女の2回目の国際試合で、2ブロックと14ホールで14ポイントを獲得しました。 ミレンバットは8ポイントを追加し、阿部マラノはフィリピン人のために7ポイントを獲得しました。

先週の土曜日の別のエキシビションマッチで、タイはフィリピンを25-13、25-10、25-16で上回りました。

READ  北朝鮮の指導者は、経済的困難を克服することを誓う、日本のCOVID-19、KCNA、ワシントン、ドナルド・トランプ