Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のスバルがトヨタと共同開発した初の完全電気自動車を発表

スバルのロゴは、2017年10月25日に東京で開催された第45回東京モーターショーで撮影されました。写真は2017年10月25日に撮影されました。REUTERS/花井徹

東京(ロイター)-日本のスバル(7270.T)は木曜日に、トヨタ自動車との2年間の共同開発プロジェクトの結果として最初の全電気自動車であるソルテラを発表した。 7203.T)。

スポーツユーティリティビークル(SUV)の発売は、世界中の国々が二酸化炭素排出量を削減するために環境規制を強化するために取り組んでいるため、電気自動車の需要が加速する中です。 トヨタは先月、バッテリー式電気自動車(BEV)のバージョンであるbZ4Xを発表しました。

技術が内燃機関からシフトすることは、電気自動車のコストのかかる開発に資金を提供することができないスバルなどの小規模な自動車メーカーに課題をもたらします。 同時に、トヨタなどの一流自動車メーカーが小規模な競合他社を引き寄せるチャンスでもあります。

プラグインハイブリッド電気自動車のリーダーであるが、最近完全な電気自動車市場に到達したトヨタは、2025年までに15のBEVモデルの範囲を持つことを計画しています。また、自動車のバッテリー生産能力を拡大するために、今後10年間で135億ドルを費やしています。

スバルの販売台数は、世界最大の自動車メーカーであるトヨタの10分の1以下。

スバルはプレスリリースで、前輪駆動のソルテラの航続距離は530キロメートル(329マイル)であるのに対し、全輪駆動のソルテラは1回の充電で460キロメートルを走行できると述べています。

トヨタはスバルの5分の1を所有し、マツダ(7261.T)の5%の株式を保有しており、トヨタの技術を統合するハイブリッド車やBEVを含め、2025年までに13台の電気自動車を発売する予定です。

(ティムケリーは報告します)。 クリスチャンシュモリンジャーによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  XboxシリーズXの在庫-ライブ:ゲーム、アルゴス、スミスなどの英国での再入荷に関する本日の最新ニュース