Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のスポーツバー Dark Bullet Nails It's Burger

日本のスポーツバー Dark Bullet Nails It's Burger

私の最高の食事体験の多くはページに掲載されることはありませんでした。どちらかと言えば、そのレストランは価値がありませんでした 初めての光景今週の一品まだ大丈夫ですか?地図上の点や特集記事の段落など、消えてしまうことがよくあります。 レストランとのつかの間の出会いが最も楽しいものであることもよくあります。 そこで、私は日々の率直な経験を反映したカジュアルな日記を付けることにしました。 第17弾はこちら 以前の版


今年の初めに、私はフラッシングのルーズベルト通り沿いにある立ち見の窓口で、ポットシール、棒付きホットドッグ、ネギのパテ、チキンとネギのバンズ、アヒルの部位などの軽食を販売している行列について報告した。 最も目立つウィンドウには名前が付けられています。 ゴーゴーダック そして、唐辛子を振っている漫画の詐欺師を描いたロゴもありましたが、私が試したスナックはどれも特に辛いものではありませんでした。

今年の初め、マンハッタンのチャイナタウンの西端にジョジョ・ダックの窓口が現れ、ほぼ同じ種類のスナックを販売した。 いわゆるラム肉や牛肉を使った中華風ハンバーガーが目立つように陳列されていました ル・ジアモ、ふっくらとしたピタパンにしっかりと味付けされた牛ひき肉が入っていて、1個6ドルです。私は子羊バージョンを選びました。 さいの目に切ったニンジンが散りばめられており、この材料が主に肉を柔らかくするのに役立つと思わないように、歓迎の甘味と食感を加えました。

五條産のランバーにニンジンをちりばめたもの。

窓には背の高いガラスケースに入ったスナックと、唐辛子を添えたアヒルのロゴが表示されています。

フラッシングの屋台、ジョジョ ダックはマンハッタンのチャイナタウンにあります。
ロバート・シツマ/イーター・ニューヨーク

食べながら、展示されている他の浴槽もチェックしてみました。 レジの下には豚の耳の細切りが入ったガラスの箱がありました。 鶏の足、レバー、ハツ。 そしてアヒルの羽と首。 まさにゴーゴーダック! 131 ウォーカー ストリート、バクスター ストリート、チャイナタウン近く


アンティグアの郷土料理

ニューヨーク市には、ドミニカのサンコチョ、ジャマイカのジャーク、キューバのロパビエハ、トリニダードのダブルス、プエルトリコのアソパオ、バルバドスのトビウオ、クークーなどを提供するカリブ海料理レストランが豊富にありますが、ワシントンDCのレストランが少ない他の700ほどの島ではどうでしょうか。エリア?

この欠陥は、2020 年に、 フリータウンロードプロジェクト ジャーナル スクエアから数ブロックのジャージー シティにあります。 メニューはアンティグア・バーブーダ料理を代表するもので、シェフは… クロード・ルイス、アンティグア出身の両親のもと、ジャージーシティハイツで育ちました。 彼は次のエピソードでも優勝しました みじん切り ゲフィルテ魚のレシピ付き。

リストイン フリータウンロードプロジェクト ヤギとオックステールのカレー、チキンロティ、手羽先など、カリブ海のメニューにありそうな料理がたくさん含まれていますが、小アンティル諸島の英語圏の島ペアにやや独特なレシピもあります。

長方形の皿には、炒めスープ2杯を含む5皿が入ります。

フリーダムロードプロジェクトにおける現地サンプリング。
ロバート・シツマ/イーター・ニューヨーク

この料理の入門に最適なのは、ローカル サンプリング ($18) です。 料理の種類はさまざまですが、友人と私は、キノコ(コーンミールのお粥)、餃子、チリ(塩味のビーフシチュー)、揚げたプランテン、トルバ(ナスのシチュー)を試食しました。 個々のアイテムを個別に注文することもできます。ペッパーボウルは私が食べた中で最高で、色が深く、少しスパイシーで、本当に美味しかったと言わざるを得ません。 ネグリルがまだ漁村だった頃、ジャマイカのネグリルで食べた、村の広場にある大きな釜で煮た食事を思い出しました。 640 ニューアーク ストリート、サミット ストリート、ジャーナル スクエア近く


日本のハンバーガー

不吉な響きのスポーツバー Dark Bullet は、72 番とブロードウェイの急行停留所からすぐの場所にあり、広くて騒々しく、ビールの香りが漂うアッパー ウェスト サイドの高級ダイブ バーですが、それだけではありません。 Dark Bullet は居酒屋レストランでもあり、日本とアメリカのフュージョン メニューが充実していますが、日本酒の瓶がずらっと並んでおり、初心者向けに厳選されたスタイルのグラスを紹介するセクションなどの特別メニューもあります。

ストライプの背景に乳白色の液体で満たされたカップ。

ダークブレットで一杯。

牡蠣を食べに来たのですが、ハンバーガー(11ドル)にも目が留まり、よだれが出てきました。 プレゼントのようにティッシュに包まれて到着すると、圧縮されていて、生の玉ねぎと、今にも大きくなって溶けそうなアメリカンチーズのスライスがトッピングされていました。 その下には予想以上にたっぷりのレタスが敷き詰められ、その下には濃厚で風味豊かなマヨネーズがたっぷり。 とても美味しかったし、ミルキーなにごり($18)がこんなに美味しかったのには驚きました。 154 West 72nd Street、ブロードウェイ近く、アッパー ウェスト サイド

READ  カブスが日本の人気投手ロッキー佐々木をスカウトしているとの報道