Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のセキュリティレーダーをブロックする風力インフラ:出典

いくつかの情報筋によると、日本全土に設置された風力インフラは、ミサイルを検出するために国防軍のレーダーを傍受しているのが発見され、国防省にいくつかのプロジェクトの変更を求めるよう促した。

情報筋によると、場合によっては、同省は、沿岸風力発電に適した場所として政府によって隔離された地域にそのようなインフラストラクチャを設置することを求めている。

ファイルの写真は、デンマークの洋上風力タービンの列を示しています。 (京都)

政府は現在、風力発電設備を管理する規則の見直しを検討しています。

同省は具体的な事例を発表していないが、一部の海外拠点を含む10か所以上がプロジェクトの変更や調査の対象となっていると情報筋は述べ、一部のエネルギー事業者は計画の修正を求められていると付け加えた。

ただし、土地に建設されるインフラストラクチャを制限するための基礎として防御要件を使用することを許可する法律はありません。 政府当局者は、この状況は国家安全保障を損なう可能性のある「欠陥」である可能性があるとコメントした。

同省によると、自衛隊レーダーは物体に反射する電波を放射し、戻り信号がそれらの物体を検出できるようにします。 しかし、大型の風力タービンは、電波を遮断したり、大きな反射信号を生成したりすることがあり、ミサイルや航空機などの物体からの反射を非常に困難にします。

沿岸の風力発電施設は、海岸や山にあることが多く、その一部は自衛隊レーダーの検出範囲内にあると情報筋は述べています。 空軍は全国28か所に警戒レーダーを設置しています。

高さ100メートルを超える風力タービンの中には、レーダーに特に大きな影響を与えるものもあり、過去には気象庁による気象観測の妨げとなっていました。

風車のオペレーターの関係者は、「規則に従って計画を急に変更するように言われたので、今は困っています。

「商工省と国防省が調整する必要があります。」

海洋風力発電は、経済産業省から再生可能エネルギー拡大の「切り札」として高く評価されており、2011年の福島原発事故直後に日本が採用しました。 。

しかし、国防省は、そこに設置された風力タービンが地対空ミサイルで使用されるレーダーに干渉する可能性があるため、北東部のアモリ県沖の一部の海域の解放を求めています。

北朝鮮が今年3月にアモリ海に上陸した弾道ミサイルを含む弾道ミサイルのテストを強化するにつれて、北朝鮮のミサイルの脅威に対する懸念が高まっている。

ミサイル実験に加えて、中国とロシアの爆撃機が5月に日本の近くの海上を飛んだ。

「安全機能のバランスを取りながら風力発電の導入を実現するために、コンピューターの設計を見直したい」と国防省当局者は述べた。

日本風力発電協会によると、2021年末までに合計2,574基の風力タービンが日本に設置される予定です。

READ  日本の外野手XiaSuzukiがMLBチームに参加可能