Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のソフトバンクチャットがロボットペッパーの生産を停止

日本のソフトバンクは、フマーユーンのロボットペッパーの生産を停止した、と同社のスポークスマンは火曜日に語った。

日本や世界中のショップやホテルで人々を迎えるために使用されるペッパーロボットは、人工知能を含む新しいテクノロジーにリソースを注ぎ込むというソフトバンクの戦略の象徴となっています。

最近、軽度の症状のある患者のために日本のホテルでコロナウイルスの隔離を容易にするために、198,000円(7,790)のパイントサイズのロボットとレンタル料金が使用されました。

しかし火曜日に、同社のロボット部門のスポークスマンは、AFPに大量の貨物での出版をやめると語った。

「私たちはコショウの生産を一時停止していますが、在庫状況に応じていつでも再開する準備ができています」と彼は言いました。 「ペッパーは主にレンタルサービスです。新しいユニットはそれほど必要ありません。」

同社は販売またはレンタルされたガジェットの数を明らかにしなかった、とスポークスマンは言った。

2014年に発売されたペッパーは、人の顔を見て喜びや悲しみなどの基本的な感情を認識できるロボットの「新種」と言われ、ソフトバンクはマサヨシの息子を発明意欲の表れとして称賛した。それ。 人工知能で。

広報担当者は、同社がパリに本拠を置くヨーロッパのロボット部門と、330人を雇用するための人員削減の可能性について話し合っていると語った。

「私たちは削減を交渉しているが、フランスで合意に達するには時間がかかるだろう」と彼は言い、計画された削減は「私たちのビジネスを後押しするための私たちの定期的な努力の一部」であり、コショウ生産の停止に直接関連していなかったと付け加えた。 。 。

シリコンバレーの有名企業や最も人気のある新しいベンチャー企業に資金を注ぎ込んだソフトバンクグループは、昨年のテクノロジーラリーの恩恵を受けて、5月に日本企業にとって最高の年間純利益を発表しました。

kh / kaf / dan

READ  日本で発見された新しいアヒル製の恐竜