Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のダイワ、米国ハブとのM&Aアドバイザリーで50%の成長を目指す

日本のダイワ、米国ハブとのM&Aアドバイザリーで50%の成長を目指す

[東京 5月31日 ロイター] – 日本の大和証券グループ本社 ( 8601.T ) は、より多くの銀行員を雇用し、専門企業を買収することで、M&A アドバイザリー事業を拡大し、8 年間で年間収益を 50% 増加させることを目指している。 アメリカ。

日本第2位の証券・投資銀行である同社は、2031年3月終了年度に世界のM&A(合併・買収)収益を少なくとも700億円(5億1,833万ドル)とし、直前に終了した会計年度の467億円から増加させることを目標としている。 水曜日にこう言われました。

中田誠二最高経営責任者(CEO)は水曜日の戦略説明会で「M&A事業は資産を活用せずとも大きな成長が期待できる事業だ」と述べた。

同氏は「われわれは主に米国での事業拡大に資源を積極的に配分し、ブティックM&A企業を買収する計画だ」と述べ、インフラ、産業、消費者、ヘルスケアが重点セクターであると付け加えた。

大和は、今後8年間で雇用するM&Aバンカーの数を650人から900人に増やすと予想していると述べた。

同社は、インフレによる市場の変動から比較的保護されているセグメントである500億円から1,000億円の範囲の中型案件に対するM&Aアドバイザリーに重点を置いている。

日本企業では、みずほフィナンシャルグループ( 8411.T )が今月、世界最大の投資銀行への株式取得拡大を目指し、米国のM&Aコンサルタント会社グリーンヒル GHL.N を負債を含め5億5000万ドルで買収すると発表した。 料金プール。

(1ドル=135.0500円)

山崎真紀子氏によるレポート。 編集:バーバラ・ルイス

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  日本のブームイヤーズのサウンドトラックがバイラルになります