Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のチップ材料メーカーは韓国と台湾で生産を増やしています

東京発-日本のコンピューターチップ原料メーカーは、サプライチェーンの多様化と重要な市場での高まる需要への対応を目指して、韓国と台湾での生産を拡大しようとしています。

東京応化工業は韓国でのフォトレジスト生産能力を2倍に増やし、ダイキン工業はチップ製造プロセスで使用されるガスを製造するために韓国に工場を建設する予定です。 これらのメーカーは日本から大量に輸出していますが、半導体がますます多くの製品に参入し、貿易の緊張に対応するにつれて、サプライチェーンを多様化しています。

東京応化工業は、仁川工場の生産設備を数十億円で増設し、韓国の耐光性を2018年に比べて2倍に拡大した。 光抵抗器は、シリコンウェーハ上に回路を形作るために使用される感光性材料です。 同社は世界最大のフォトレジスト生産者であり、世界市場の25%を占めています。

拡張された施設は、日本から送られた樹脂やその他の材料を現地で入手可能な溶剤とともに利用することにより、高度な生産技術である紫外線(EUV)リソグラフィーで使用できるフォトレジスターを製造しています。

ダイキンは韓国に地元のチップ製造装置メーカーとの合弁会社を設立しました。 同社は国内に40億円(3660万ドル)の工場を建設する。 この工場では、2022年10月から掘削プロセスで使用されるガスを生産します。これまで、同社は韓国に日本製と中国製の材料を供給してきました。 ダイキンは、現地生産により競争力が高まることを期待しています。

東京桜花とダイキンは、サムスン電子やSKハイニックスなど韓国の大手チップメーカーに材料を提供しています。

信越化学工業は、台湾に新しいオンラインフォトレジスト工場を導入し、約300億円を投資して工場を建設し、日本の工場の生産能力を増強しました。 台湾工場では、これまで日本でしか製造されていなかったEUVフォトリソグラフィーデバイスを生産する。 昭和電工の子会社である昭和電工マテリアルズ(旧日立化学)は、2023年までに韓国と台湾でシリコンウェーハ研磨剤とプリント基板材料の生産を増やすために200億円を投資する予定です。

日本の化学会社は韓国と台湾への投資を増やしています。 日本銀行の国際収支統計によると、化学および製薬セクターへの日本の海外直接投資は、特に化学分野で2019年に増加しました。 この成長は、半導体に関連する材料によって推進されています。

韓国と台湾は合わせて、直径300mmの高度なチップを使用した世界の半導体生産能力の半分を占めています。 サムスン電子と台湾セミコンダクターマニュファクチャリング(TSMC)は巨額の設備投資を開始し、日本企業が有利な半導体材料の需要が高まっています。

サムスンの半導体プラントへの投資は、チップ材料の需要を促進するのにも役立っています。 (写真提供:Samsung)

東京桜花は、現地の需要に合わせて海外での研究開発や生産を推進しています。 「過去3年間、韓国、台湾、北米を中心に海外で多くの投資を行ってきた」と東京岡の関係者は語った。 日本のチップメーカーが近い将来EUVリソグラフィーを使用したチップの生産を開始することは予想されていないため、同社の主な顧客は海外にあります。

サプライチェーンへの懸念も、需要が強い場所での生産増加を後押ししています。 日本政府は、2019年に韓国への半導体材料の輸出をより厳しく規制しました。これに対応して、韓国政府は、日本への依存を減らすために、幅広い半導体材料と製造装置の国内生産を促進するよう取り組んでいます。 ソウルは、研究開発と税額控除を支援することにより、国内外からの投資を奨励してきました。 アメリカの化学会社デュポンは、韓国で紫外線リソグラフィーフォトレジスターを製造することを決定しました。

日本企業は、一部の化学物質を韓国に輸出するために、経済産業省からの許可を必要としています。 フッ化水素を製造する日本の企業であるステラケミファでは、半導体およびLCD製造に使用する製品の出荷が2020年3月期から26%減少しました。2020年4月から12月の出荷はほぼ横ばいでした。

一方、韓国でのそのような製品の生産に制限はありません。 日本の大手化学メーカーの幹部によると、「海外での国内生産の需要は年々増加しており、米国と中国の間、そして日本と韓国の間のサプライチェーンが混乱するリスクがある」とのことです。

日本のチップメーカーは、米国でも生産能力を増強するための別の推進力を得る可能性があります。 バイデン政権は、国内の半導体サプライチェーンを構築する必要性を強調しています。 彼女は4月12日に19の民間企業の経営幹部と会談し、ボールを転がしました。 一部には、米国政府の要請に応えて、米国のチップメーカーであるIntelはアリゾナの新工場に200億ドルを投資する予定です。 TSMCはまた、州内に工場を建設することを計画しています。

信越化学工業とSUMCOの2社は、シリコーン箔の世界市場の約60%を所有しています。 フォトレジスターに関しては、日本企業が世界市場のほぼ90%を占めています。 多くが米国に工場を持っている日本の半導体材料メーカーは、ほぼフル稼働しています。 米国で新しい半導体プラントが稼働すると、日本のサプライヤーは追加の需要を満たすという厳しいプレッシャーにさらされる可能性があり、成長の機会を提供し、必要な拡大に資金を提供するという課題をもたらします。

READ  アジア株は中国での上昇で上昇するが、技術的な懸念を圧迫する