Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のチーフCOVID-19アドバイザーは、国境を開く際に注意を促します

東京発-日本の有力なCOVID-19アドバイザーは、予防接種の適用範囲が進展する中、入国制限を緩和する世界的な傾向にもかかわらず、国境を再開する際の慎重なアプローチを求めています。

COVID-19への対応について政府の小委員会の議長を務める免疫学者の尾身茂氏は、2日間の日経FT伝染病会議に出席している間、水曜日のインタビューで日経アジアに語った。 。。 東京での会議。 「国境管理を突然緩めると、他のウイルスが発生するので、 [we need to] 注意深く見て、 [take steps] 少しずつ。”

日本は比較的厳格な国境管理を行っており、帰国者や日本人の配偶者を含む特別な地位にある他の人を除いて、ほとんどの外国人の入国を拒否しています。 国はまだ完全にワクチン接種された旅行者のために10日間の検疫を必要とします。

デルタ型はすでに日本で広がり、他のコロナウイルス株に取って代わっていますが、近江は新しい変異体が出現するリスクを指摘しました。

「世界中に散らばっているさまざまな種が国境を開くことによって国に入ることができるかどうかを見ることは非常に重要です」と彼は言いました。

日本の毎日確認された症例は火曜日に166に減少し、8月の26,000を超えるピークから減少しました。 しかし近江氏は、人々はマスクを着用したり、換気が不十分な地域での混雑を避けるなどの予防措置を講じるべきだと述べた。

現在、日本の人口の70%が完全に予防接種を受けていますが、「他の国では予防接種率が高くても、感染が急速に拡大し、死亡に至っていることがわかっています」と彼は警告しました。 近江氏は、COVID-19の症例は冬の間に再び増加する可能性があると述べた。

近江氏は、2月の医療従事者をはじめとする予防接種プログラムを開始してから半年以上で、高齢者などのリスクの高い個人に追加接種の使用を検討できると述べた。 世界保健機関や他の先進国は、低所得国での初回投与を優先するために追加免疫の制限を要求しているが、「日本はそのような場所でその責任を果たしてきたし、今後も果たすべきである」と述べた。

近江氏は、深刻な事件や死亡を防ぐことが常に日本の行動の中心であると述べた。 彼は、ワクチンや検査から治療までの保護の層は、「ある程度の感染があっても、医療供給システムがそれほど損傷を受けないように」重症例を減らすことを目的としていると述べた。 医療サービスへの圧力を防ぐことは、「社会的および経済的活動の継続」を可能にするでしょう。

これらの保護、適切な医療能力、感染の増加への迅速な対応などの対策の組み合わせは、「社会的および経済的活動が徐々に再開できることを意味します」と近江氏は述べた。

彼は、陰性の検査結果と予防接種の証明の使用は、「すべての市民が同意する」方法で実行されるべきであると述べました。

近江首相は、取るべき措置は明確であり、日本はそうする計画があると述べた。 岸田文雄新首相が率いる政府は「計画を実行する」べきだと述べた。

READ  新しい不気味なドローンウォーキングとフライングはロボボカリプスの悪夢が叶う