Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のチームは、オミクロンの COVID 患者の 10% に疲労やその他の影響があることを発見しました

日本のチームは、オミクロンの COVID 患者の 10% に疲労やその他の影響があることを発見しました





新型コロナ後遺症の患者を診察する大阪市北区の医師=2022年4月、梅田麻衣子撮影

日本の研究チームは、コロナウイルスのオミクロン亜種に感染した人の約10%が後遺症に苦しみ、疲労が最も一般的な症状であり、これらの人々の50%がそれに苦しんでいることを発見しました.

横浜市立大学病院などの研究チームは、2022年以降流行しているオミクロン株感染者の後遺症の発生率について、国内外の7万人以上の患者のデータに基づいて説明した。

COVID-19 の後遺症は、患者が完全に回復することができず、仕事や学校への復帰に影響を与えるため、大きな問題となっています。 世界保健機関(WHO)は、後遺症をコロナウイルスの症状の発症から3か月が経過した後でも2か月以上の症状の発症と定義していますが、米国の疾病管理予防センター(CDC)は感染後1ヶ月以上症状が持続するものと定義しています。

これらの後遺症や結果に関する研究や大規模な調査はほとんど行われておらず、特に世界中で非常に多くの人々に感染しているオミクロン株では、どのタイプが存在するかは明らかではありません.

そこで研究チームは、1月19日時点で発表された日本、アメリカ、イギリス、スイス、ノルウェー、インドの合計7つの研究論文を分析し、オミクロン変異体の患者と後遺症の患者の両方に関するデータを含んでいた。このバリアント。 . 彼らは、子供を含む合計74,690人の感染者に関するデータを調べました。

その結果、CDC の定義に適合する結果が罹患患者の 7% で確認され、WHO の定義によるその後の影響が患者の 11% で確認されました。 研究チームは、「これらの発生率は、インフルエンザなどの他の感染症の発生率よりも高いと推定されています」と述べています。

世界保健機関が定義した後遺症の主な症状は、疲労が50%、脳霧が41%、頭痛が29%、記憶障害が28%、嗅覚障害が26%でした。 .

アメリカ疾病予防管理センターの定義によると、53% が疲労を経験し、25% が睡眠障害を経験し、22% が咳と痰を経験しました。

「多くの患者が副作用に苦しんでいることが再び明らかになりました。病気の発症メカニズムをさらに明らかにする必要があります」と、チームメンバーで帝球大学病院の腫瘍内科医であるHao Chen氏は述べています。

研究チームの調査結果は、2 月に Journal of Infectious Diseases に掲載されました。 この論文は、https://doi.org/10.1016/j.jinf.2023.02.015 で有料で閲覧できます。

【渡辺亮】 マイニュース

READ  ユークリッド望遠鏡が「ダークユニバース」ミッションからの最初の画像を送信空間