Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のティーンエイジャーの怒っているカーナビゲーションのアイデアが賞を受賞



最終レビューの来野綾乃のプレゼンテーションは、「IT Dream Contest2021」のWebサイトからのこのスクリーンショットに示されています。

宮崎-この南西部の日本の都市の高校生は、道路の怒りを発見した後、ドライバーを安全な場所に誘導する車載ナビゲーションシステムを発明したことで賞を受賞しました。

神奈川工科大学主催の全国高校生を対象とした「ITドリーム2021」大会で、宮崎県高校ITコース1年生の黒木綾乃さん(16)が優秀賞を受賞しました。

コンテストでは、応募者は社会や情報技術を利用して実現できる新しいサービスに夢を提示します。 学校でプログラミングを教えているコロギは、「これを将来の仕事にして、みんなに 『かっこいい』と言わせるようなものを開発したい」とコメントした。



黒木綾乃は、2021年11月11日、宮崎市の宮崎県セドワラ高校で表彰状を授与する。(毎日/相谷健太)

黒木氏は、ダッシュカメラで車のナビゲーションシステムをシャットダウンするシステムを提案した。 そのスキームでは、誰かが3回続けて横に曲がるなどの攻撃的な運転行動を示すと、AIはそれをロードレイジと判断します。 ナビゲーション画面をタッチすると、警察や警備会社に情報が送信され、近くの警察署などの安全な場所に運転手が誘導されます。

コルギの女性の親戚の一人が2020年の夏に道路の怒りに遭遇した。道路の怒りを障害者の運転犯罪として分類する改正道路交通法が昨年6月30日に施行されたが、コルギは警察に連絡するのが難しいと感じた。 。道路の怒りに遭遇したときに運転している間-それに対処する他の方法はありません。 その時、私は新しいシステムについて考え始めました。

今年のITドリームコンテストには158のエントリーがありました。 黒木を含む15人の個人とグループが最終レビューを提出し、8月下旬にオンラインプレゼンテーションを行いました。

審査員の一人は、コルギ氏の人々のニーズに応える提案を称賛し、保険会社に売り込むことができると述べ、「革新と創造性の素晴らしい夢」と表現した。

「このシステムは時代に合ったものであり、近い将来に可能になるかもしれません」と黒木学校のITコースの責任者である井川達明氏はコメントしました。

(宮崎事務所曽俣健太による日本語原作)

READ  フェイスマスクを取り除く時が来ましたか? これは科学者や医師が言うことです