Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のテレビドラマは、より多くの若者を法医学の分野に駆り立てています

2022年10月26日、名古屋市立大学法医学教室で顕微鏡を操作する福田真美子助教。 (京都)

名古屋(京都) — 不審死の謎を解き明かすことへの関心が高まる中、日本では法医学に焦点を当てたテレビドラマが全国の若者に病気の命を奪うことを促している。

その背景には、奇病死した人を医師が解剖する人気番組などがあるようだ。 上級法医学者は、この動きを、大部分が脇に追いやられてきたこの慣行の将来への「明るい兆し」として歓迎した.

彼らは、そのような医学研究が「3K」または「キツイ」、「クサイ」、「キケン」職業として知られるしばしば嘲笑されたカテゴリーに分類された時代を思い出す.

しかし、人気が高まっているにもかかわらず、この分野でのフルタイムの職は大学ではまれであり、大学院生にとって雇用は依然として障壁となっています。

名古屋市大法医学教室の福田真美子助教(36)は「社会に奉仕する仕事なのでやりがいを感じている」と話す。 ”

福田さんは、1998年にフジテレビで放送された女性検視官の仕事に焦点を当てた連続テレビ小説「きらきら光」の再放送を見て、法医学を学んだ。 死者の「無声の声」から手がかりをつなぎ合わせようとする可能性に興味をそそられ、彼は法医学病理学の分野に足を踏み入れました。

2018年に助教になって以来、福田さんは約200体の死体の解剖を行ってきた。 事故死が殺人であることが明らかになったとき、彼女は自分のキャリアが特にやりがいのあるものだと感じています。

「そのような場合、遺体が持ち込まれてよかったので、検死を行うことができました」と彼は言いました.

この仕事は、親としての義務にあまり影響を与えず、夜間に頻繁に電話を受ける医師に比べて魅力的な仕事だと福田氏は述べた。

日本法医学会によると、法医を志す博士課程の学生は2016年度の68人から2020年度には100人以上に増えた。

協会関係者は増加の理由を「不明」としているが、急増は、TBSとフジネットワークでそれぞれ「アンナチュラル」と「朝顔:法医学博士」などの人気テレビドラマの放送と一致しているように見える. 、2018年から2019年。

名古屋市立大学の青木康宏教授は、これまで法医学分野に無関心だった国民の関心が「テレビシリーズで知りたい」と訴えた。

千葉大学で法医学の道を歩み始めた久保田姫子さん(28)も、同様のテレビシリーズを見てこの分野に惹かれました。

「研究結果が将来の犯罪事件の解決につながる可能性があるため、これは魅力的な分野です」と彼は言いました。

しかし、大学の法医学専門家のフルタイムのポジションはすべて上級医師によって占められており、博士号を取得した後の他の人たちの機会は悲惨です.

久保田さんは「自分の人生、どの道を歩むべきか迷っています」と将来への不安を感じていると認める。

2020 年 5 月の時点で、47 の州のうち 17 の州には専任の法医学検査官が 1 人しかいません。 法医不足に直面した政府は、昨年の閣議で、原因究明のための検死官分野の「人員増強」案を閣議決定した。 死

しかし、この計画では、現場でのポストの増加については言及されておらず、具体的な措置についてのすべての決定は地方政府と大学に委ねられています。

法医を志す博士課程の学生は増えているが、「定員が限られているため、両手を広げて歓迎することは躊躇している」と千葉大学の岩瀬浩太郎教授は語った。

「テレビシリーズは、とりわけ、この問題に対する一般の関心を刺激し、国に待望の予算措置を講じるよう促すと確信しています。」

READ  報告によると、日本のスター投手である古代専科は、このオフシーズンにMLBによって考慮されると予想されています