Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のデジタル大臣は、技術会社の株式を購入して申し訳ありませんが、大臣法に違反しています



デジタルトランスフォーメーション大臣平井卓也(メインチ)

東京-日本のデジタル変革大臣平井卓也は、大臣の規則に違反する行為である議会の副大臣を務めていた間、2006年に情報技術(IT)会社の株式を購入したことを7月16日に謝罪した。

平井首相は7月16日の記者会見で、「不注意だった。お詫びしたい」と述べた。

大臣によると、彼は、MPの財産開示法の下で要求されているように、2006年6月の株式購入を財務諸表に含めることを怠った。 彼は科学技術国務長官を引き継いだ2018年に閣僚の財務諸表で最初に購入を開示したが、2020年3月に株式を売却して得た利益を収入報告書に含めなかった。 さらに、彼は株式売却の配当に対して税金を支払わなかったようです。 伝えられるところによると、彼はすでに修正された納税申告書を提出しており、所得報告書を調整している最中です。

2006年、平井は内閣府の副大臣としてIT政策を担当した。 平井氏は、「会社を支援したい」「隠すつもりはなかった」という理由で買収を進めたと語った。 閣僚規則は、議会の大臣、国務大臣および副大臣が在任中の株式の購入を控えなければならないと規定している。

(東京市ニュース部青葉宏之、ビジネスニュース部後藤毅の出身)

READ  ノキアとKDDIが日本で最初の液体冷却を試行