Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のデジタル大臣は「私の健康保険証」を求めて必死になっているようだ。

日本のデジタル大臣は「私の健康保険証」を求めて必死になっているようだ。





河野太郎デジタル大臣(毎日)

東京 – 河野太郎デジタル大臣は、マイナンバー健康保険証の普及に躍起になっているようで、自民党議員に対し、マイナンバーカードを受け付けていない医療機関については支持者に報告を義務付けるよう求めている。

河野氏が自民党の現職議員らに対し、従来の健康保険証に代わる新カードを受け付けていない医療機関を見つけた場合には、国民相談窓口に連絡するよう支持者らに呼び掛ける要望書を送ったことが19日、分かった。 。

「河野太郎デジタル大臣」名で配布された文書では、マイナンバー保険証の普及が進まない原因は「医療機関の窓口で取得を求めているかどうかが原因ではないか」と説明している。 議員に対し、支持者らに「マイナンバー保険証の利用を促す」とともに、保険証を受け付けられない医療機関がある場合はマイナンバー国民番号制度の広報窓口に問い合わせるよう求めている。 文書には「保健省が必要に応じて事実関係を確認する」とも記され、保険証が使えない医療機関を特定したい考えも明らかになった。

河野氏事務所は文書を配布したことを認めた上で「マイナンバーの保険証承認率は5%に低迷している。その数字を引き上げたいだけだ」と説明した。 カードが使えない医療機関に「通報」を促すものと受け取られる可能性について、事務局は「『通報』という言葉が適切かどうかは分からないが、患者と病院の双方に通報していただきたい」としている。それで。” マイナンバー保険証のさらなる普及にご理解とご協力をお願いいたします。」

大臣は今後、自民党支部や地方議員にも同様の要請を行う予定とみられる。

【松本幸樹】

READ  「100万年に一度」 - 科学者がモロッコでカモノハシ恐竜の奇妙な化石を発見