Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のトイレ、エアコン、塗装工場を苦しめている恒大集団の問題

佐野秀幸

東京(ロイター)-中国の恒大集団がデフォルトでhttps://www.reuters.com/world/china/china-evergrande-fears-consume-investors-awaiting-trading-2021-09-21トイレメーカーのトトや他の日本企業の株式は、中国の不動産開発のさらなる減速に対して脆弱であると見られています。

トトは火曜日に6.1%を失い、木曜日からの減少を14.8%に拡大しました。これは、投資家が今週後半に債務返済を逃す可能性があると認識されている恒大集団へのエクスポージャーを背景にしています。

モルガン・スタンレーのアナリスト、勝山有沙氏は、「国内の大手デベロッパーである中国恒大集団への資金流入について懸念が高まっており、その売上高は、TOTOの主要顧客の1つである可能性が非常に高いことを示している」と述べた。

「中国のエバーグランデだけでなく、中国の不動産会社によるこれまでの債務不履行は、規制が厳しくなるにつれて、過去10年間の累積額をすでに上回っている」と彼女は述べ、投資家はリスクを念頭に置くべきだと付け加えた。にさらされる。ツツ。 貸倒損失を留保するため。

中国は昨年のトトの利益の約30%を占めていたが、同社の広報担当者は、エバーグランデとの取引があるかどうかなど、特定の取引についてコメントすることはできないと述べた。

中国の住宅建設業者やメーカーの他の潜在的なサプライヤーも争いに巻き込まれ、エアコンメーカーのダイキンは4.7%を失った。

ダイキンのエアコンの売上高の約4分の1は、前年度の13〜16%に対して、昨年度は中国からのものでした。

中国が最大の市場であるペイントメーカーの日本ペイントホールディングスは7.5%減少した。

中国の建設ブームの恩恵を受けてきた建設機械メーカーも苦しみ、コマツは5.4%、日立建機は5.5%下落した。

投資家たちはまた、アリババや他の中国のテクノロジー企業への主要な投資家であるソフトバンクグループを、北京が引き続き彼らに対するグリップを強化することへの懸念を理由に捨てた。

ソフトバンクグループの株価は、月曜日に米国上場のアリババ株が2年ぶりの安値を付けたため、5.0%下落した。

松井証券のチーフストラテジスト、久保田富一郎氏は、中国の減速が明らかになれば、被害はより多くの企業に及ぶ可能性があると述べた。

「中国当局は、中国国民の支持を得ているように見える完全な豪華さを取り締まっているようだ。それは、法外な住宅価格が一般の人々にとって悪いと考えられていた日本のバブル後の時代に少し似ている。」

多くの日本企業は中国の需要に依存していますが、日本の機関投資家は中国の資産へのエクスポージャーが比較的限られています。

日本最大の投資家である政府年金投資ファンド(GPIF)は、3月の時点で96億7300万円(88.31百万ドル)、債券59億円、株式37億円を186.1兆円(1.70兆ドル)から公開した。 資産。

(ドル= 109.53円)

(佐野秀幸、北村真司による報告、ロバート・パーセルによる編集)

READ  ゲームの前夜にホロコーストのジョークで開会式のディレクターが解雇された