Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のトイレには興味深い給水システムがあります。 ネチズンは「賢いアイデア」と言う

世界が地球温暖化に取り組み続ける中、今日の焦点は持続可能な資源の創出です。 資源を節約する必要性から、独自のソリューションが登場しました。 スモッグ掃除機やグリーン ビルディング イニシアチブなどについて聞いたことがあるはずです。 サステナビリティを加速させることを目的として、この日本のトイレのデザインはオンラインで新しい感覚になりました。 日本は常に創造性と建築の最前線にあり、この日本のトイレは節水のために作られました。

日本のトイレは何百万リットルもの水を節約

@fasc1nate、または Fascinating によって送信された Twitter ページは、日本のトイレの写真を共有しました。 写真は洗面台付きのトイレです。 ユーザーは洗面台で手を洗い、同じ汚れた水を使ってトイレを流すことができます。 投稿のキャプションには、「多くの日本のトイレには、手を洗って次の水を流すときに水を再利用できるように手洗い台が取り付けられています。これを行うと、日本は毎年何百万リットルもの水を節約しています。」

ページがこれを投稿して以来、この投稿は 112.6K を超えるいいね、1,379 のいいねされたツイート、および 12.3K を超えるリツイートを獲得しました。 コメント欄では、多くのユーザーがこのデザインを賞賛しました。 あるユーザーは、節水という日本の革新的な精神を共有しました。 「日本は年間約 80 兆リットルの水を使用しています。OP の「年間数百万リットル」が正確で、およそ 1,000 万に上ると仮定すると、これは日本の水使用量の 0.00001% を節約します。どこでもそうです)は農業です。」 別のユーザーは「とても賢い!」と書いています。 、「また、追加の洗面台のために材料を節約します。このデザインは普遍的に使用されるべきだと思いました。」

トイレが不快になる可能性があると指摘する人はほとんどいません。 「日本に住んでいたとき、これらの 1 つを持っていましたが、石鹸を入れるスペースがなかったので、ほとんどが小さな装飾用の噴水として機能していました。」 別のコメントには、「この「たらい」は手を洗うのにはまったく適していません。水はどこにでも行きます。実用的なデザインは改善される可能性があります。」

READ  今週末レスブリッジで開催されるイベント: 2023 年 1 月 13 日