Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のドライブマイカーがアメリカ映画批評家賞を受賞

社会の文化


東京、1月9日(時事通信社)-日本の監督濱口亮介の「ドライブマイカー」は、土曜日の現地時間にアメリカ映画評論家協会から2021年のベストピクチャー賞を受賞しました。

また、社会から最優秀監督賞を受賞し、43歳の浜口が最優秀監督賞を、50歳の西島秀俊が最優秀俳優賞を受賞しました。

日本人作家村上春樹の同名短編小説 『ドライブ・マイ・カー』は、国内外で大人気。

浜口と脚本家の大井隆正は、昨年のカンヌ映画祭で映画の最優秀脚本賞を受賞しました。

この映画は、第79回ゴールデングローブ賞の英語以外のベストランゲージ映画のノミネート作品の1つであり、受賞者は現地時間の日曜日に発表されます。 また、3月に授賞式が行われるアカデミー賞の国際映画部門で日本を代表する作品に選ばれました。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信社

READ  ギャスパー・ウリエルが死去:マーベルのムーンナイトのフランス人俳優がスキー事故後37歳で死去