Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のニトリ家具チェーンが低価格のステーキハウスをオープン

東京発-日本の小売業者であるニトリホールディングスはレストラン事業に参入し、家具事業で見積もられたのと同じコスト削減モデルをステーキハウスに適用する。

COVID-19の流行で大きな打撃を受けたこのレストランは、より手頃な価格でレストランを提供する予定です。

ニトリは最近、東京と神奈川県の家具店に低価格のステーキハウスをオープンしました。

レストランはニトリの家具や食器で飾られているため、IKEAの競合他社は運用コストを削減できます。

ニトリが家具事業で完成させた総合生産・販売モデルを踏襲する計画。

メインメニューはチキンフライドステーキで、500円(4.58ドル)。 大手ファミリーレストランチェーンも同様の商品を約800円で販売しています。

日本の一部のレストランで人気の「ハンバーグ」ステーキは700円、リブアイステーキは990円です。

集荷注文や宅配サービスもご利用いただけます。

ニトリパブリックレストランは、ニトリホールディングスの子会社を運営しています。 レストランのインテリアは、会社の再設計事業を監督する専門のユニットによって自宅で処理されます。

レンタルコストを削減するため、同社は全国約450店舗のニトリ店の敷地内にレストランを見つける予定です。

食材は食品生産者から直接購入していますが、ニトリはコスト削減のために畜産を行う予定です。

家具やインテリアの分野では、ニトリは生産から販売まであらゆるものを扱うことで成長してきました。

人々が家にいて環境を改善することを決心するにつれて、ニトリは流行にうまく対処します。 2月期は34年間で最高の利益を記録した。 Nithoriは、家具の買い物客に足を踏み入れて手頃な価格で食事をする機会を提供するため、現在、店舗でのコストが増加すると予想しています。

日本の外食産業は、消費者への警告、緊急命令、早期閉店の要請で大きな打撃を受けていますが、ニトリは、比較的低コストで外食を運営できると考えており、外食の格差を縮め、全体の利益を押し上げています。

当初、ニトリはレストランを探す際に自社施設を優先していましたが、後に道端のステーキハウスやレストランを他の商業施設に開放することを検討しました。

ニトリは業界の限界を押し広げたいと考えており、衣料品店の出店も検討しています。

ニトリは、家具店に飲食店を構えるコラボレーションの恩恵を受けることを期待しているが、自ら利益を上げるために飲食店事業を拡大したいと考えている。

READ  日本8月の求人は4ヶ月で1度目の悪化