Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のハイテク大手ソフトバンクは四半期ごとに230億ドルの損失を被る

日本のテクノロジー企業であるソフトバンクグループは、インフレと金利に関する世界的な懸念の中で投資価値が急落したため、4月から6月の第1四半期に234億ドルの損失を計上しました。

SoftBank Group Corp. の 3 兆 1600 億円の損失は、前年同期の 7620 億円の利益を反映したものでした。

月曜日に、同社は四半期の売上高が6%増加したと述べました。

ソフトバンクは 3 月に終了する会計年度で 1.7 兆円 (130 億ドル) の損失を計上し、前年の 4.9 兆円の利益から反転しました。 年間売上高は 10.5% 増加して 6.2 兆円 (460 億ドル) になりました。

ソフトバンクのポートフォリオはウクライナでの戦争に直接さらされていませんが、同社は、世界的な不確実性に加えてインフレとエネルギーコストの上昇が収益性を損なう可能性が高いと警告しました. 為替差損も利益に影響を与えました。

英国の半導体企業ソフトバンクとソフトウェア設計のアームを今年初めにエヌビディアに売却したが、失敗に終わった。 SoftBank は現在,新規株式公開を含めて Arm の利益ある将来の成長を約束しているが,この株式公開の日付は発表されていない。

SoftBank は 2016 年に Arm を買収しました。Arm は、人工知能、モノのインターネット、クラウド、自動運転、自動運転のリーダーです。 半導体設計は広くライセンスされており、ほぼすべてのスマートフォン、ほとんどのタブレット、デジタル TV で使用されています。 この技術は、自動運転車の鍵となります。

ソフトバンクはまた、携帯電話会社のソフトバンク、ウェブサービスプロバイダーのヤフー、中国の電子商取引大手のアリババ、リース会社のディディにも出資しています。 SoftBank には,Vision Fund と呼ばれる他のグローバル投資家を含むファンドもある。

READ  メルセデスAMGGT4ドアクーペは2021年の運転体験を改善します