Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のハイテク新興企業が防災の分野に参入



2021年3月30日に東京で撮影されたこの写真は、災害時に使用される携帯型再生水処理装置であるWotaBoxの横にあるWota社長の前田悠介を示しています。 (共同通信)

熊本(共同通信)-スタートアップは、被災地の実際のニーズに対応する商品やサービスを迅速に開発する技術と能力の強みを活用して、防災と軽減の分野でますます存在感を増しています。

WotaCorp。がリリースしました。 2019年の携帯型再生水処理装置。WotaBoxと呼ばれ、シャワー、手洗い、洗濯後に排出される水の98%を再利用可能にすることができます。 人工知能技術によって管理された水質のおかげで、WotaBoxは給水が中断されたときに飲料水を節約します。

20以上の地方自治体が、災害時に使用するためのデバイスを導入しています。

2016年に日本の南西部の熊本県と大分県で一連の地震が発生したとき、東京大学からスピンオフしたスタートアップは、避難所でシャワーを提供するために使用するWotaBoxのプロトタイプを持ち込むことを志願しました。

2018年に豪雨が西日本を襲ったとき、避難者の前向きな反応に勇気づけられて、Wotaは避難所に同様のシャワー施設を設置しました。しかし、問題が発生しました。

したがって、WotaはAIシステムを改善して、よりユーザーフレンドリーにしました。 熊本県と鹿児島県で大雨により2020年7月に発生した一連の洪水の際、避難所の職員は会社からの指示を受けてWotaBoxを使用することができました。

WATAの前田陽介社長は、災害時に配備した経験により、WATABoxは「より社会的に使いやすく」なったと語った。

コクア株式会社発足。 もう1つの東京を拠点とする新興企業であるLtd.は、消火器やサバイバルフードなどの非常用備品のカタログベースのマーケティングに取り組んでいます。

ココ社長の泉洋作氏は、「災害がいつ発生するかは誰にもわからないため、緊急物資を買いたくないという人もいる」と語った。 「しかし、あなたがそれを人々が選ぶことができる贈り物にすると、あなたは彼らに結果として災害についてもっと学ぶ機会を与えます。」

和泉氏は、人々が家に引っ越したり、新しい家を建てたりするときの贈り物として、緊急物資の需要が高まると述べた。

兵庫県神戸市に生まれた泉は、1995年の阪神大震災を目撃し、2011年の東日本大震災と西日本大震災の余波でボランティアとして活動しました。

彼はボランティアとして彼と一緒に働いた人々と一緒にココアを設立しました。 彼らは、被災者から直接聞いた経験に基づいて緊急供給ラインを開発しました。

郁佐株式会社は東京のイベント運営会社である株式会社は、地方自治体や企業向けのスポーツフェスティバルを専門としており、参加者はスポーツイベント、問題解決ゲーム、サバイバルフードを楽しみながら、防災のノウハウを学ぶことができます。

ヤヌ研究所によると、緊急供給市場では、食料品だけでも、2015年度の143億円から2024年度には278億円(2億5200万ドル)に増加すると見込まれている。

日本総合研究所の新興企業に詳しい研究者の東博信氏は、政府は、連続する自然災害とコロナウイルスの大流行の結果として、リスク管理プロセスへの対応を加速していると述べた。

彼は、困難な災害関連の課題に取り組むための使いやすいツールを提供するための政府と優れた新興企業との間の共同の努力が増えるだろうと述べた。

READ  Arm CEOは、Nvidiaの合併は上場するよりも優れていると述べています