Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のハロウィーンのトレンドは、できるだけカジュアルな服装をすることです

この傾向は 2014 年に始まり、それ以来続いています (画像: Twitter / @dailyportalz / @KintangZ / @sakurajimanini)

10 月末は通常、魔女、スーパーヒーロー、またはハロウィーンの女王 – レジーナ ジョージとして想像力を働かせる時期です。

しかし、日本では、日常的なことをしている最中に、休暇を普通の人のように使い始めている人もいます。

さて、これが退屈に聞こえるかもしれないと思うなら、あなたは正しいでしょう.

店員、通勤者、イケアの買い物客は、忙しいファンタジーの世界に登場することはあまりありません。

しかし、ソーシャル メディアに投稿された写真は、この傾向が実際には非常に陽気であることを証明しており、日常生活がいかに面白いかを示しています。

この関心は、2014 年にブログ Daily Portal Z の大人のグループがアイデアを浮かんだときに始まりました。

彼らは「ハロウィーンのお祝いに参加したかったが、恥ずかしがり屋で魔女やゾンビの格好をすることはできなかった」と語った.

そこで彼らは、「ありふれた」シーンを再現するというアイデアを思いつき、それをジミー ハロウィンと呼びました。

「店員が暗証番号を入力しようとしすぎる」 (画像: @sakurajimanini / Twitter)
「学校最後の日の小学生」(画像:@dailyportalz / Twitter)
「緊張する新入社員」(画像:@KintangZ/Twitter)
「イケアには何も欲しくなかったのに、友達が私たちをそこに連れて行ってくれと言い張った」 (画像: @dailyportalz / Twitter)

今年の多くの写真は、人々が私たちの日常の習慣のいくつかをからかっていることを示しています。

たとえば、ある映画では、顧客が自分の暗証番号をカード マシンに入力するのをドラマチックに見ている何人かの従業員がユーモラスに描かれています。

別の人は、「学校の最終日」に先生の格好をして、植物やバッグを持ってしゃがんでいる面白い写真を投稿しました.

人々はハッシュタグ #地味黄院 (ジミを意味する) を付けて写真を投稿しています。

ニュースチームにメールでお問い合わせください [email protected]

そして、このような話については、 ニュースページをご覧ください.

READ  クラス最高:ベイリーギフォードジャパントラスト