Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のバスナは海外からのITタレントにリモートワークを提供しています



主な採用機関はPasonaGroupIncです。 2021年4月1日、兵庫県淡路島で新入社員の入社式を開催(共同通信)

東京(京堂)-日本の人材紹介会社パソナグループ株式会社来月には、コロナウイルスのパンデミックによる渡航禁止令の中で、自宅から離れた場所で働く海外のITエンジニアに、日本の企業を紹介するサービスを開始します。

先週火曜日に発表されたプレスリリースによると、パソナは11月1日に、インド、韓国、ベトナムなどの国で高度なスキルを持つITスキルを持つ人々を対象としたリモートクロスボーダー人材サービスを開始します。

採用担当者は、3年間で約300人のIT専門家を日本の企業につなげることを目指していると語った。 同社によれば、スマートフォンアプリの開発やウェブサイトの構築などの業務は、日本の企業から直接、またはバソナの現地事務所を経由して、これらの労働者に委託されるという。

経済産業省による2019年の調査によると、2030年までに日本は79万人のIT従業員の不足に直面すると予想されています。

バスナ氏によると、日本を拠点とする企業による外国人人材の採用への関心が高まっている現在、COVID-19パンデミックによる渡航禁止令により、地元企業は海外から労働者を連れてくることができませんでした。

採用担当会社は、主に既存または拡大を計画しているアジア市場のIT人材を対象としており、地元の科学大学と協力してスタッフを確保していると語った。

READ  6Gの開発で日本がフィンランドと協力