Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のバス運転手の半数が規則を破って手を振り合う

日本のバス運転手の半数が規則を破って手を振り合う





この 2023 年 3 月 27 日の資料写真には、福岡市内で西日本鉄道が運行する路線バスが写っています。 (京都)

東京(京都)–日本のバス運転手のほぼ半数が、事故防止のためそのような行為を禁止する規則にもかかわらず、車両がすれ違う際に手を振ったりうなずいたりして挨拶を交わしているとデータ分析グループが発表した。

全国9つの省で交通事故研究データ分析研究所が実施した調査では、ドライバー計612人のうち、47.7%にあたる292人が手を挙げたり、同僚のドライバーに軽くうなずいたりした。

日本の南西部の福岡県北九州市で2021年8月に起きたバス死亡事故を受け、2022年8月から今年2月まで開催された。

この事件に関与したバスの運転手は検視に対し、別のバスの運転手にうなずいて「数秒間」軽く見つめたと供述した。

警察関係者によると、ハンドルから片手を放すことは必ずしも日本の道路交通法に違反するわけではなく、ドライバーはハンドル、ブレーキ、その他の車両装備を「安全な」方法で操作することが義務付けられている。

東京都バス協会は2003年、歩行者死亡事故を受け、バス運転手に運転中の挨拶を禁止した。 日本バス協会は2012年から会員事業者に対し、これをやめるよう勧告してきた。

2021年に事故を起こした北九州市のバス会社の親会社である西日本鉄道も、運転手にすべきことを記した運転マニュアルを「少なくとも15年間」配布し続けていると述べた。 手を振るか弓を引くか。

調査を指揮した大原記念労働科学研究所の酒井一宏研究員は「ほんの数秒の不注意運転でも危険な可能性がある」と警告した。

例えば、時速40キロメートルの速度で走行するバスは、運転手が注意していなければ秒速11メートルでも進む可能性があると同氏は述べた。

交通専門のフリーライター月山淳一氏は、バス事業者だけでなく関係者による指導の徹底の重要性を強調する。

杉山教授は「教育だけでは不十分であれば、人為的ミスによる交通事故を防ぐために、車の進路上の物体を検知するセンサーなどの高度な機器を設置する必要がある」と述べた。

READ  日本は東京の病院にもっと多くのCOVID-19患者を受け入れるように求めています