Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のバンドNumber_iがミニアルバムをリリース

日本のバンドNumber_iがミニアルバムをリリース

平野紫耀、神宮寺勇太、岸優太のメンバーからなる日本のボーイズバンド「Number_i」が、ファーストシングル「Goat」がYouTubeでの再生回数5,200万回を突破するという快挙を達成した。

この偉業の後、彼らは最新ミニアルバム「No.O -ring-」をCDとデジタルプラットフォームでリリースしました。 メンバーの平野紫耀がプロデュースした表題曲「梵」は、テレビ出演やSNSでのバズりなど早くも注目を集めている。

では、「ボーン」という曲は何からインスピレーションを得たのでしょうか?

日本のボーイズバンド Number_i

「私たちは日本の「盆栽」からインスピレーションを得ました。それを木と呼んでいいでしょうか?盆栽は非常に芸術的な木です。それを音楽的に取り入れるのは素晴らしいことだと思いました。神宮寺勇太は独占インタビューで「この曲にはヒップホップと伝統的な和楽器の要素が同時に含まれているので、その組み合わせを楽しんでいただければ幸いです。」とバンドとともに語った。

『No.O -ring-』はグループによって様々な楽曲を提供している。



平野紫耀は「メンバーそれぞれが作った曲なので、それぞれの個性が感じられると思います。存分に楽しんでいただきたいです」と話した。

Number_iは今年4月、米国最大級の音楽フェスティバル「2024 Coachella Valley Music and Arts Festival」の「88rising Futures」コーナーに出演し注目を集めた。 彼らのシングル「ゴート」は米国のiTunes総合チャートで10位、ヒップホップチャートでは3位を記録し、国際デビューを成功させた。

最新タイトル曲「Bon」のミュージックビデオは、日本語のほか10か国語(英語、タイ語、フィリピン語、インドネシア語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、中国語、韓国語)の字幕付きでYouTubeで公開されており、安心して視聴できる。世界中のファンの注目を集めています。

日本のポップ界の大御所King & Princeの元メンバーが集結し、エキサイティングな新音楽グループを結成。

Number_i は、J-POP の大御所 King & Prince の元メンバーで構成されています。 このダイナミックなトリオは音楽業界に名を残す準備ができており、象徴的な TOBE レコード レーベルの下でスタイリッシュにそれを行っています。 グループ名「Number_i」には、「個性的であること」「愛」「応援してくれる人たちとともに歩んでいきたいという願い」が込められている。

今年1月には『The GOAT』をリリース。 ミュージックビデオは公開3日で再生回数1,000万回を突破し、YouTubeのデイリーミュージックビデオランキングで全世界1位を獲得、ビルボードジャパン総合ソングチャート「JAPAN Hot 100」でも1位を獲得した。

フィリピンでのファン層の拡大を認め、グループは次のように述べた。「まず、YouTube やさまざまなサイトで私たちのパフォーマンスビデオを見て、私たちのことをもっと知っていただければ幸いです。ぜひチェックしてください。私たちの曲をもっと好きになってくれることを願っています。」

「No.O -ring-」は各ストリーミングプラットフォームにて配信中。

* * *

日本の7人組グループ、IMPが、5月29日に初のフルアルバム『出発』を初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態でリリースした。

初回限定盤には、現表題曲「ニンニンジャック」をはじめ、Billboard Japan Hot 100で2位を獲得したNo.1ヒット曲「Cruisin’」や「IMP」などのシングル全12曲を収録。 そして「スイッチング」と「スイッチング」と「IMP」。 I Got That」や全英語曲「Flow」など、CDでしか聴けないユニット曲を含む全15曲収録の通常盤。

さらに、3形態とも購入すると特製オリジナルジャケットが特典として付属する。

IMPは日本の7人組バンドです。

これまでに5枚のデジタルシングルをリリースしている。

4月21日には中国・成都で開催された中国最大級の野外音楽フェスティバル「Strawberry Music Festival」に出演した。

6月13日と14日には東京・有明アリーナで初のワンマンライブを行った。

「Department」は現在、すべてのストリーミングプラットフォームで視聴可能です。

READ  何かかわいいもの: 日本のパステルカラーのかわいいうんち博物館体験がこの夏オーストラリアにやって来ます