Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のパイロットはしばしば中国の空中課題に対応します

2022年1月25日火曜日に発表された数字によると、日本は、中国の航空機が2020年度よりも接近するのを防ぐために、過去9か月間にすでに多くの戦闘機を放出している。 (アンジェリックペレス/米空軍)

日本の国防省の最新のデータによると、中国の軍隊は日本の空域での空中挑戦を強化しました。

火曜日に発表された数字によると、日本は、2020会計年度よりも中国の航空機へのアクセスをブロックするために過去9ヶ月ですでに多くの戦闘機を追い出しました。

日本の空軍は、今年度の4月1日の開始以来、571機の戦闘機を飛行させ、接近する中国のドローン、戦闘機、爆撃機、監視機を迎撃しました。 これには、2021会計年度の第3四半期の10月1日から12月31日までの290回の支払いが含まれます。

昨年度から3ヶ月が経過し、今年度はすでに113便の中国便を迎撃しました。

日本は今年度これまでに785機を飛行し、ロシア軍用機を迎撃するために199機を追加し、他の航空機に15機を追加した。 空軍は2010年度に725機の航空機を納入した。

出撃は飛行機による単一のタスクです。

四半期報告書は、中国と米国がインド太平洋地域での優位性について互いにテストを続けているために発表されました。 米国は先週、南シナ海で2つの空母攻撃チームとの独立した航海パトロールと演習を実施しました。 1月23日、中国は39機の戦闘機を台湾に向けて飛行させて報復した。

陸上自衛隊の元中尉兼安全保障専門家である鹿田敏樹氏は、中国の作戦の上昇傾向は「心配」だと述べた。

中国の習近平国家主席は木曜日に鹿田スターズアンドストライプスに、ジョー・バイデン大統領が台湾問題に後退しないことに失望したと語った。

「彼はまた、彼が後退しないことを彼の人々に示さなければならない」と鹿田は言った。

米国は、自治民主主義である台湾を支持しています。 しかし、中国はこの島を危険な州と見なしており、必要に応じて最終的に強制的に列に戻す必要があります。

鹿田氏によると、最近の米国、英国、ドイツとの軍事演習も中国を「苛立たせている」という。

READ  ラオスは、デジタル通貨の研究のための日本の始まりをリストします