Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のパフォーマンスカーは新たな黄金時代を迎えようとしています

日本のパフォーマンスカーは新たな黄金時代を迎えようとしています

1990 年代初頭の日本の「バブル時代」には、今日でも伝説として残る、さまざまな見事なスポーツカーが生み出されました。 日本の各自動車メーカーは、幻のスポーツカーの王冠をめぐってしのぎを削り、愛好家に手頃な価格で主に日常的に使用できるスポーツカーを豊富に提供しています。 ヨーロッパのスポーツカーの現状が厳しくなり、ポルシェからフェラーリまであらゆる企業が振り出しに戻るよう促されています。 90年代は遠い昔のことですが、すべてが再び起こっていると思います。

彼らがあなたから何を奪ったかを見てください

時代を定義した成功したスポーツカーが左右に姿を消しました。 特徴的なネームプレートは、パフォーマンスとスタイルの極限まで伸び、これまでになかった方法でテクノロジーとスピードを活用しています。 GT-R、RX-7、スープラ、NSX、MR2、ミアータ、エクリプス、3000GT、300ZX、インテグラ、240SX、プレリュード、セリカ、シビック、SVX、エボ、STI、SCなどあらゆるドライバーの予算と要望に合わせて、多くのスポーツ バリエーションが用意されていました。

これらの車はすべて、ミアータとおそらく Z を除いて、殺されたり、長期間つるの上で腐ったまま放置されたり、かつての自己の肥大化したレプリカになったりしています。 かつてエクリプスは、その重量クラスをはるかに上回るターボチャージャー付き全輪駆動フリークでしたが、地味なクロスオーバーとして誇り高い名前を獲得しました。 今こそ、日本の英雄を偉大にした本質に立ち返る時が来ている。

ノスタルジーが私の周りのすべてを支配します

私は36歳のミレニアル世代なので、スポーツカーの時代を懐かしく感じる層にいます。 これらの車が新しかったとき、私はまだ若かったのですが、私が成人し、ソニーのプレイステーションでグランツーリスモをプレイし始めたとき、これらはまだ最高の中の最高のものだと考えられていました。 中古車や中古車を購入していた愛好家にとっては、依然として憧れの存在であり、エキサイティングな運転体験を提供してくれました。 ポンティアック グランプリ SE クーペを運転しながら、それがセリカ オールトラックか Mk4 スープラだったらよかったのにと切実に思いました。

ノスタルジーは20年、30年周期で移り変わります。 80年代には誰もが50年代を懐かしんでいましたが、それは常にそうでした。 若者は最近の過去が好きではなく、責任などがなかった時代に憧れています。 また、彼らは親のような立場になることを望まないため、音楽、映画、芸術、文化、さらには車など、自分自身を差別化する方法を見つけようとします。 ミニバンが人気になったのは、ブーマー世代がキャンピングカーを運転するお父さんになりたくないからであり、SUV が人気になったのは、X 世代がミニバンを運転するサッカーのお母さんと同じように見られたくないからです。

全体として、私が生きてきた中でのインターネットと急速なテクノロジーの発展は、ノスタルジーを加速させただけだと思います。 インターネットが普及する前の子供の頃を懐かしむことはよくありますが、愛好家としては、コンパクトクーペのスポーティで控えめな運転体験も体験したいと思っています。 3列目も10インチの地上高も必要ないし、決して必要ない。 私の運転のほとんどは一人で、または乗客 1 人で行われますが、なぜ 2 セット目のドアが必要なのでしょうか? 私が若かった頃は 2 ドア車がどこにでもあったのに、なぜ今では見つけるのがこんなに難しいのでしょうか?

Z 世代とミレニアル世代は、その前の世代に比べて子供を産む可能性が低くなります。 そのため、今後数年間で米国の人口は純減する可能性が高い。 では、子供を捨てた個人や夫婦がもっとたくさんいるとしたら、なぜ彼らは両親が長年愛したSUVやクロスオーバーを購入したいのでしょうか? 現世代の若い専門家にとって富を築くのはより困難であることが証明されているが、彼らはすでに自動車購入トレンドの主な推進力の1つであり、親から、または彼らのトップから受け継ぐにつれて、この傾向はさらに拡大し続けるだろう。先輩たちが退職する。

私たちは帰ってきました

昨夜東京で開催されたジャパン・モビリティ・ショーでの一連のワイルドな発表を経て、私は日本がスポーツカーのルーツに戻る準備ができていると確信していますが、次世代の電気自動車および電動化されたパフォーマンスをしっかりと確立しています。 数時間以内に、トヨタ FT-Se、スバル スポーツ モビリティ コンセプト、マツダ アイコニック SP、ホンダ プレリュード、レクサス LF-ZC、日産 ハイパーフォースを目にしました。

もしこれらの車の半分が生産されていれば、私たちは裕福な生活を送ることになるでしょう。

写真: マツダ

マツダのロータリーエンジンを搭載したハイブリッドスポーツクーペは、愛好家の観点からはおそらく最も魅力的であり、重量を低く抑え、高いエンゲージメントを維持することが期待されます。 これができる会社があるとしたら、それはマツダです。

「日本の高性能車は新たな黄金時代を迎えようとしている」と題した記事の画像

写真: トヨタ

トヨタ FT-Se は、MR-2 のシンプルさへの電気的な回帰となる可能性があります。 そして彼を見てください! トヨタがこのエキサイティングな電動ロータス プリンセスを大衆に届けることができれば、私は永遠に彼らを愛するでしょう。

「日本の高性能車は新たな黄金時代を迎えようとしている」と題した記事の画像

写真: スバル

このスバルは、スバルがこの20年間で作った中で最もエキサイティングな車かもしれない。

「日本の高性能車は新たな黄金時代を迎えようとしている」と題した記事の画像

写真: 4月

日産ハイパーフォースは全電気式GT-Rの先駆けとなるでしょうか? はい、それは可能です。

「日本の高性能車は新たな黄金時代を迎えようとしている」と題した記事の画像

写真: ホンダ

この中で最も生産準備が整っているのはホンダのプレリュードで、明日には多くのディーラーに並ぶ可能性があるようだ。 私はホンダがコンパクトな電気スポーツクーペを私たちに提供してくれることを心から望んでいます。ホンダ以上にそれを実現できる人はいないでしょうか?

「日本の高性能車は新たな黄金時代を迎えようとしている」と題した記事の画像

写真: レクサス

レクサスは、LF-ZCが超ダイナミックなデザインの電動スポーツセダンとして2026年にディーラーに導入されると主張している。 この車のすべてが異星人の基地に納入されたように見えますが、それこそがレクサスが今すべきことなのです。 それはただ目を引くし、興味深いものです。 エンジンが見た目と同じくらい良いことを願っています。

スポーツカー市場への20年間のほとんど不器用な参入を経て、パーソナルスポーツクーペへの回帰を目指している数社のコンセプトを目にするのは嬉しいことだ。 Generation によってほとんど放棄されたセグメント

READ  大坂なおみ:ローリー・マキロイは、無期限の休憩を取るという彼女の決定について、日本のテニススターをサポートしています| テニスニュース