Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のパートナー IAMGOLD がゴーガマ鉱山プロジェクトを完成させるために命綱を投げる

住友鉱物鉱山は、コティー鉱山プロジェクトの建設を完了するために 3 億 4,000 万ドルを融資

アイムゴールド資金不足のコテ金鉱建設プロジェクトの合弁パートナーが救済される。

住友鉱山株式会社 日本からは、Côté の 30% のパートナーであり、3 億 4,000 万ドル (4 億 6,350 万ドル) の融資という形で、切望されていた資金を提供して、露天掘りの金鉱山と製粉所を建設の最終ラインを越えて完成させ、準備を整えています。 2024 年までに金を鋳造します。

彼が苦しんだ後 建設予算を吹き飛ばした苦難の年、 IAMGOLD 彼女は先月、お金を探していることを明らかにした プロジェクトを完了するために。

IAMGOLD は 12 月 19 日のプレスリリースで、Côté プロジェクトの運営者であり続けると述べた。

この開発は、国道 144 号線のすぐそば、サドベリーとティミンズのほぼ中間、ゴガマの南西 25 キロに位置しています。

会社 最新のニュースレター 彼は、プロジェクトは 64% の完了点にあると述べました。 仕事がピークに近づくにつれ、現場には 1,500 人の作業員がいます。

Josselin エリアとして知られるサテライト鉱床と合わせて、Côté には、測定および指定されたクラスの 1,350 万オンスの金が含まれており、2020 年に Côté で建設が開始されると予想される 18 年の鉱山寿命を超えています。

1月に開始されるこの合意に基づき、住友商事は2023年中に資金を分配する。その見返りとして、住友商事のコーテイへの出資は30%から40%に増加する。 IAMGOLD は、2023 年 11 月から 2026 年 11 月までの指定された期間に、買い戻しオプション料金を通じてその変換された利息を買い戻し、70% のポジションに戻る機会があります。

IAMGOLD のプレジデント兼暫定 CEO である Marise Belanger 氏は、声明の中で次のように述べています。

プロジェクトのコストが固定されているため、建設は2024年初頭の金生産に向けてスケジュール通りに進んでいる.

Belanger 氏は、同社は現金ポジションを改善し、事業を強化し、融資契約から引き出される金額を削減するために、引き続き他の資金源を模索していると述べました。

住友商事の野崎明社長兼最高経営責任者(CEO)は、この取引により両社の関係が「強化」され、建設が遅滞なく継続できるようになると述べた。

「コテゴールドプロジェクトは、世界クラスの低コストで長期的な金鉱山になる可能性があり、2021 年の 3 カ年事業計画で概説されている住友金属鉱山の成長戦略の重要な柱の 1 つです。」

READ  「香港にいる必要はありますか?」 グローバル企業は撤退しようとしている