Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のビジネスサービス価格、2015年3月以来の年間最速ペースで上昇(ロイター通信)

日本のビジネスサービス価格、2015年3月以来の年間最速ペースで上昇(ロイター通信)

[東京(ロイター)] – サービス部門の人件費に後押しされ、4月の日本の企業向けサービス価格は2015年初め以来の速いペースで上昇したと日銀統計が火曜日に示し、賃金主導の需要サイクルを見据えている政策当局者にとって明るい兆しとなった。 成長。

4月の企業サービス価格指数(CSPI)は前月の2.4%上昇に続き、前年同月比2.8%上昇した。 同月の公共料金は3月比0.7%上昇し、前月の0.9%上昇から鈍化した。

年間の増加は、機械の修理や産業施設の改修などの労働集約型のサービス会社の人件費の上昇を反映している。

政策当局者らは、恒久的な需要主導のインフレを刺激するための堅調な賃金を求めており、マイナス金利を終了するという3月の歴史的な決定を受けて日銀がさらなる利上げを行うための前提条件として、この指数を注意深く監視している。

日本の低賃金は長い間、持続可能な消費と広範な経済成長の促進の障害となってきました。 しかし、企業は最近、ここ数十年で最大の賃上げを達成しており、これが日銀の政策転換の主な理由であると多くの人が見ている。

中央銀行は、日本経済の脆弱な状況を考慮して、利上げを継続するが、ペースは穏やかであると示唆した。

READ  意見:ほぼすべての経済指標が並んでいる:米国の景気後退の可能性