Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のビジネスマンは、流行の中でメイクアップ業界を照らしています

東京(AFP)-コロナウイルスの大流行により、日本の多くの企業が財政破綻の危機に瀕しているが、東京で男性用のメイクアップと美容院を所有している手塚匠は、顧客基盤を拡大している。

パンデミック以前は化粧品にほとんど興味がなかった40代、50代、60代の日本のビジネスマンが、オンライン会議をもっとよく見たいと思って、手塚サロン、イケメンワークスを訪れるようになっています。

大手パーソナルケア会社の資生堂は、パンデミックの際に男性用メイクアップラインの1つが2桁の成長を遂げたと述べています。 会社の関係者も同様の理由を挙げています。オンライン会議中に繰り返し顔を見ることに直面している男性は、見るものを改善したいと考えています。

「以前は男性客のほとんどが10代から20代でしたが、在宅勤務のおかげでビジネスマンが増えました」と手塚は語った。 劇的な変化を望んでいる多くの若い男性とは異なり、年配の起業家は化粧で自分たちの少し良いバージョンを披露したいと思っていると彼は言った。

「40代、50代、60代の男性は、化粧をしなければならないと感じて私たちのサロンにやって来ます」と彼は言いました。 手塚氏によると、在宅ビジネスの人はオンラインミーティングで自分の顔を見る機会が増え、外見に興味を持ち始めるからだという。

日本ではメンズ化粧品業界が拡大しています。 調査会社の富士経済グループによると、メンズ化粧品市場は2018年から2019年にかけて約6,000億円(55億ドル)から推定6,230億円(57億ドル)に成長した。

手塚氏によると、年配のビジネスマンは、20代や30代よりもお金をかけたり、定期的に訪れたりする傾向があるという。

顧客の神石義博さん(44)は最近、手塚サロンに初めて化粧品を購入するために来ました。

神石はまぶたにメイクを選び、顔にファンデーションを塗りました。 メイクアップアーティストは眉毛を丁寧に整え、鼻と顔を茶色の色合いでペイントしました。

「この人は誰?」鏡で自分を見つめながら、神石は「自分の見た目が違うことに驚いた」と語った。

世界最古の美容会社の1つである資生堂は先月、男性ユーザーがコンディショナーやファンデーションなどの男性用美容製品を着用しているように見せることができる無料のメイクアップフィルターをオンラインで発売しました。

資生堂が昨年ズームのようなオンライン会議用の女性用メイクアップフィルターをリリースした後、ビジネスマンのコメントがソーシャルメディアアカウントに注ぎ込まれ、男性候補者を求めました。

メンズグルーミングブランドの小野は、化粧品の対象年齢を20代前半の男性から40代の男性に拡大しています。

「コロナウイルスは、ビジネスマンに肌の状態をもっと意識させる特定の状況を作り出したと思います」と、UNOのアシスタントブランドマネージャーである松義之は述べています。 「流行の中でも2桁の成長が見られました。」

松はUNOの成長についてこれ以上の詳細を提供しません。

日本の化粧品店コスメ東京は、メンズの手の届くところに化粧品を作るために、昨年、東京のトレンディなエリアである原宿駅の前に新しくオープンしたブティックに、メンズとレディースのメイクアップを専門とする部門全体を設立しました。

新しいクライアントの一人であるヘアスタイリストの山下健太さん(24)は、毎日化粧品を使っています。

山下さんは「気軽に入るのが難しいので化粧品が買えない男性がいる。今この部署があるのはいいと思う」と語った。 「でも、男性が気軽に入ることができるように、セクションを大きくしてほしい」と語った。

READ  Oleksandr Usykのチームは、AnthonyJoshuaが再戦条項を「アクティブ化」したことを発表しました| ボクシングのニュース