Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のビジネスリーダーが協力強化を求めて中国に帰国

日本のビジネスリーダーが協力強化を求めて中国に帰国

北京 – 二国間関係を悪化させる地政学的な逆風に直面して経済関係の強化を目指すため、約200人の日本のビジネスリーダーや幹部からなる代表団が今週、2019年以来初の中国訪問のため中国に戻った。

日本の経済代表団は1975年以来毎年中国を訪問しているが、中国が新型コロナウイルス感染症に対する厳格な政策により国境をほぼ閉鎖していた新型コロナウイルス感染症の時代にその訪問は終了した。

木曜日、日本経済協会として知られる日本の強力な経済団体と日中経済協会の代表者が人民大会堂で中国の李強首相と会談した。

中国外務省の汪文斌報道官は定例記者会見で、「李強首相は中日関係は現在、過去を継承し未来に踏み出す重要な時期を迎えていると述べた」と述べた。

日本の経済界が中日両国のWin-Win協力に積極的に影響を与えることが期待される。

北京に拠点を置く中国日本商工会議所の上田敏弘副会頭はロイターに対し、李氏との会談やその他のセッションは「通商関係改善に対する双方の願望を確認する上で非常に重要だった」と語った。

会談に参加した上田氏は「われわれは幅広い議題について率直に議論し、課題に対処するためにお互いの意見を共有した」と述べた。

世界第2位と第3位の経済大国が、日本の放射性処理水の海洋放出からスパイ容疑での日本人拘束に至るまで、さまざまな問題をめぐって意見が対立し、日本と中国の関係は緊張した。

日本の先端チップ製造装置の中国への輸出制限も、日本の岸田文雄首相の政府が中国の経済発展の「封じ込め」で米国の先導に従っているという中国の非難を強めている。

しかし、11月に岸田氏と中国の習近平国家主席が異例の会談を行った際、両氏は両国が互恵関係を追求すべきであることに同意した。

日本企業は製造サプライチェーンの構築や現地パートナーとの関係構築に長年投資してきたため、日本は中国に大きく依存している。

中国は日本にとって1450億ドル相当の最大の輸出市場であり、2022年時点で1890億ドル相当の最大の単一輸入先だった。

しかし、昨年末に発表された年次調査によると、中国への進出を計画している日本企業の数は初めて30%を下回り、経済の不確実性への懸念を挙げる企業もあれば、地政学的リスクを強調する企業もあった。

中国は昨年、製薬会社アステラス製薬の社員である日本人幹部をスパイ容疑で逮捕した。 日本の当局者らは、この措置がビジネスセクターに悪影響を及ぼしたと述べている。

中国報道官は「中国におけるすべての法執行と司法活動は事実と法律に基づいて行われる」と述べた。

「企業が合法的に運営している限り、心配する必要はありません。私たちは日本企業を含むあらゆる国の企業を歓迎します。

国内競争の激化、不透明な中国経済、福島原発からの下水流出後の日本側の否定的な感情により、中国での売上高の減少に苦しむ日本企業も増えている。

日本の自動車メーカーであるトヨタと日産も中国での市場シェアの低下に直面しており、世界最大の自動車市場における電気自動車の販売において地元のライバルに遅れをとっている。

READ  世界経済の良い兆候として、韓国の輸出は初期の2桁の増加を記録しました