Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のファンが彼がより多くの商品を提供し、ワールドシリーズに到達するのを待っている間、オオタニはお金を稼いでいます

日本のファンが彼がより多くの商品を提供し、ワールドシリーズに到達するのを待っている間、オオタニはお金を稼いでいます

スティーブン・ウェイド氏、上田耕司氏、AP通信

東京 — 大谷翔平がロサンゼルス・ドジャースとの記録的な7億ドルの10年契約というお金を手に入れた今、日本の一部のファンは契約を完了させるための何か別のことを待っている。

「私はオオタニにワールドシリーズでプレーしてもらいたい」と東京の人気ショッピング街銀座近くで日曜日に講演した野球ファンの渡辺一心さんは語った。 「これが私の希望です」と彼は付け加えた。

野球ファンは日曜、東京中の大谷がロサンゼルス・エンゼルスからロサンゼルス・ドジャースへ移籍することを発表した読売新聞の特別号を買うために列をなした。

これはおそらくスポーツ史上最大の契約であり、サッカーのスター、リオネル・メッシやキリアン・ムバッペが達成したと考えられている高みを超えている。

オオタニは手術から回復するため、今後のシーズンは指名打者としてのみプレーすることになるだろう。

人も読んでるし…

「来年、大谷は二役に戻ると思う」と渡辺ファンは語った。 「来年はホームラン王になってほしい」。

オオタニは日本における等身大の英雄であり、多くのアメリカ人やラテンアメリカ人に愛される競技の頂点に達することで国家の誇りを高めた日本で最も有名なアスリートである。

あるファンは、オオタニの年俸が少なくとも1つの日本のプロチームの選手全体の年俸を超えていると指摘した。 彼は福岡のソフトバンクホークスを例に挙げてこう言った。

「夢のようですね」と同じく銀座で講演していた真鍋勇人氏は語った。

大谷選手が育ち、高校に通っていた東北部の岩手県のファンも、地元紙「岩手日報」の増刊号を購入して祝った。

「私は高校時代から大谷選手を追いかけてきました」と鈴木亜志久選手は共同通信に語った。 「どこにいても彼を励まし続けたい。」

共同通信によると、大谷高校(花巻東)にはファンが集まり、手形の記念碑の写真を撮っていた。

日本のファンはテレビやその他のメディアを通じて大谷を熱心に追いかけているが、この動きにより、日本市場に焦点を当てた広告主やスポンサーによって彼の知名度がさらに高まることは確実だ。

オオタニは世界で最も市場性の高いアスリートの一人であり、チケット販売、テレビ収入、スポンサー契約を牽引している。

看護師として働く佐藤翔さんは「とてもうれしい。昨日からこの発表を待っていた」と語った。

野球界全体もそうだ。

READ  3フランスを拠点とするバンドWallabiesが11月に英国ツアーに戻る