Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のフェリーが人工衛星を使った入渠支援技術を試験

日本のフェリー Sunflower Gold は、係留技術システムの試験を実施します (Nkensei 画像 – CC BY-SA 3.0 ライセンス)

投稿日: 2022 年 9 月 16 日 14:11 投稿者:

海事エグゼクティブ

商船三井 (MOL) とそのフェリー オペレーターであるフェリーさんふらわあは、停泊中の船舶を支援するために設計された技術システムのほぼ 7 か月間の試行を開始しました。 この実験は、船舶運航の安全性を向上させ、最終的にはナビゲーションを自動化する技術を普及させるための日本企業による取り組みの最新のステップです。


乗組員の経験とフィードバックに基づいて、停泊プロセスは視覚的に行われると両社は説明した。 ボロノ エレクトリックが開発中の「停泊支援システム」は、LiDAR と衛星コンパスから取得した情報に基づいて、船体とドックの間の正確な距離と角度を測定します。 結果は複数の画面に表示され、船長と乗組員は操作を通知するために使用できます。 商船三井も同様の試験を実施 ナビゲーション支援システム コース、方向、潜在的な障害物、または船の進路を移動する他の船を示すように設計された他の船。


係留支援システムの試行は 9 月に開始され、2023 年 3 月まで実行されます。試行に選択された船は、15 歳の Sunflower Gold です。 総重量11,178トンのロールオンフェリーで、日本の神戸港と大分港の間を約11時間かけて航行します。 フェリーは長さ 543 フィートで、700 人以上の乗客を収容でき、147 台のトラックと 75 台の車を収容できます。


フェリー乗務員がシステムをテストし、使いやすさを検証します。 画面を見たときのプレゼンテーションのわかりやすさを探ります。 MOL によると、このシステムは停泊作業の安全性と効率性を向上させるために開発されたものであり、システムの開発と商用化をサポートする予定です。


MOLは過去のオーディションに多数参加し、 デモンストレーション ドッキング支援システムから。 今年の初め、出荷を自動化するための政府支援プログラムの一環として、労働省は本格的なパレードを含むデモに参加しました。 自動ドッキング プロセス。 同社は、これらのデモからの情報に基づいて、商用実装に先立ってシステムの使いやすさを向上させるために、船舶へのシステムのインストールを簡素化していると報告しました。


これは、テクノロジを使用してドッキングとドッキング解除を改善し、最終的には自動化することを目的としたいくつかの取り組みの 1 つです。 先週、グリマルディは、欧州宇宙機関が、 ドッキング操作のための衛星. 彼らの目標は、2024 年 3 月までにアントワープの駅でグリマルディ ルー ルーにシステムを見せることです。


の一番上の写真 んけんせい 2007年大阪サンフラワーズゴールドより(CC BY-SA 3.0.0 アップデート ライセンス)

READ  CD Projektによると、パッチ1.5 Cyber​​punk2077は調査中です•Eurogamer.net