Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のプレイステーションプラスPS1ゲームはパフォーマンスが優れたNTSCバージョンであり、新しいレポートで確認されています

新しいPlayStationPlusの一部として日本でリリースされたクラシックPlayStation1ゲームはNTSCバージョンであるため、他のアジア地域でのサービス用にリリースされたPALバージョンよりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮します。

前にTwitterで述べたように ツイート埋め込み、日本で利用可能なApe EscapeのバージョンはNTSCであり、他のアジア地域でリリースされているPALの50 Hzバージョンとは対照的に、60Hzで動作します。

グランツーリスモ7は、最新のアップデートで伝説の車の値上げを静かに紹介します

これは表面的には北米にとって良い兆候のように見えるかもしれませんが、ソニーが日本で新しいPlayStation Plus用のクラシックゲームのNTSCバージョンをリリースしたという事実は、それが素晴らしかったので、同じことが地域で起こることを意味しません。 日本語オプションとしての強制選択は、北米およびヨーロッパのバージョンでは使用できません。

新しいプレイステーションプラスは先月アジアの国々で発売されましたが、多くの古典的なゲームを悩ませていたパフォーマンスの問題のために、控えめに言っても、それは残念な発売でした。 確かに追加機能が追加されていますが、数十年前にリリースされたゲームのパフォーマンスの問題は受け入れられません。

新しいPlayStationPlusサービスは、日本およびその他のアジア地域で開始され、6月13日および6月22日にヨーロッパで北米および南米で開始されます。 新しいサービスの詳細については、次のURLをご覧ください。 PlayStationの公式ブログ。

PlayStationPlusとPlayStationNowを、まったく新しいPlayStation Plusメンバーシップサービスに統合しました。これにより、Essential、Extra、Premium(非ストリーミング市場ではデラックス)の3つのメンバーシッププランで、より多くの選択肢と価値を顧客に提供できます。 私たちの焦点は、ExtraまたはPremium(Deluxe)にサブスクライブするときに選択できる何百もの高品質のタイトルを備えた、厳選された多様なゲームセレクションを提供することにあります。

READ  東芝のスピンオフ計画は、木曜日の株主投票で多くの反対に直面した