Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のプロデューサー組織は映画館の閉鎖の終了を要求します

日本映画製作者協会(IRIN)は、非常事態宣言により閉鎖された映画館の再開を許可するよう国に要請した。

東映、松竹、東映、角川などの企業の幹部が署名した声明の中で、アイリーンは、劇場がコロナウイルスの集まりの場所であるという証拠がないにもかかわらず、閉鎖命令が出されたと主張している。

劇場収入の35%を占める東京や大阪などの大都市で映画を上映する能力がなければ、配給業者はお金を稼ぐのが難しいと感じています。 一部の人はリリースを延期し、延期された映画のマーケティング費用を帳消しにしました。

声明は、補助金を通じて業界を支援する政府の努力を認めながら、これらの補助金は通常の事業運営からの収入と一致し始めていないと述べた。 有害な影響は、映画製作の減少であり、最終的には劇場の閉鎖になります。

声明は、5月31日の現在の非常事態の予定された終了に続いて、2021年6月1日に影響を受けた劇場の再開を要求している。

しかし、日本のメディアは、大阪や他の場所での高レベルの感染を考えると、政府は非常事態を拡大することに傾いていると報告しました。 審議に精通している情報筋によると、考えられるシナリオの1つは、6月20日までの延長です。 これは、東京と大阪を含む9つの都道府県に影響します。

4月25日、東京、大阪、兵庫、京都の各県の環境状況が発表されました。 その後、5月11日から5月31日まで延長され、愛知県、福岡県、北海道県、岡山県、広島県に拡大されました。

環境の状態によって影響を受ける企業は、営業時間を制限または閉鎖するという政府の要求に異議を唱えたとしても法的に罰せられることはありません。 映画業界はおおむねアドバイスに従ってきましたが、IRINの声明が示すように、主要な配給会社でさえ、今では忍耐の限界に達しています。

READ  ヨロク:紙の猫から鬼滅の刃まで、国際的に認められた日本のアニメ