Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のホテル、大丸別荘でレジオネラ菌が発見されました

日本のホテル、大丸別荘でレジオネラ菌が発見されました

露天風呂で二人

大丸別荘の館長「臭いが苦手なわがまま」で塩素を入れなかった ボヒストック – ゲッティイメージズ

歴史ある日本のゲストハウスのスタッフは、温泉の水を年に2回しか交換せず、「臭いが嫌だった」ため施設に塩素を追加しなかったことを認めた.

福岡県志久志野市にある創業158年の大丸別荘の最近の健康診断で、火山で加熱された温泉の水を使用している日本の風呂に、許容レベルの3,700倍のレジオネラ菌が含まれていることが判明した.

安全衛生担当役員 彼は、レジオネラ菌は「誰もが」かかりやすい「致命的な肺炎」を引き起こす可能性があると述べています. 彼は、この病気は、感染した水の小さな液滴を吸い込むことによって伝染すると付け加えています。

からの報告によると、 CNN テレビ朝日系列で、水替えは週一のはずだった。 しかし、火曜日の記者会見で、スパ社長の山田誠は、年に2回しか経営者が変わらないことを認めた.

「私自身、法律に詳しくありませんでした。レジオネラ菌はどこにでもいる一般的な細菌であり、大きなシャワーは自由に流れるので安全であると考えていたため、水はより多く交換されました。頻繁。”

従業員が臭いを嫌って塩素を入れなかったのは「利己的」であり、「お客様の健康を完全に無視した間違い」だと付け加えた。

大丸別荘は自分のウェブサイトで、かつて皇室のメンバーを歓迎し、訪問を祝うために庭に木を植え、政府の高官や司祭を迎えたと主張している. 日本のゲストハウスによると、ホテルのウェブサイトから予約したい場合は、このサイトに誘導されます。1 人あたりの宿泊料金は、約 25,000 円 (183 米ドル) から約 35,000 円 (256 米ドル) まで上がります。

によると CBS山田さんは「ご先祖様に申し訳ない」と言い、レジオネラ菌は「ただの普通の菌」という信念に「満足」していると付け加えた。

ハトが不衛生な状態で告発されたのはこれが初めてではないので、山田の謝罪は当局に感銘を与えないかもしれない. CBSによると、当局は大丸別荘の施設の状態について昨年、検査官がトイレの水に許容量の2倍のレジオネラ菌を発見したことを警告されました。

山田氏は当時、ロッジが「塩素が正しく添加されたと主張する」ために文書を偽造したことを認めた。

同社のウェブサイトによると、このサイトには、客室内のバスルームや公共のシャワーエリアなど、さまざまなバスルームが用意されているが、その多くは現在閉鎖されている. 大丸別荘のホームページには、「やわらかくなめらかな湯」に浸かると「肌がしっとり、心もほぐれる」と書かれています。

大浴場は男湯と女湯に分かれており、まるで「天然の川の湯」を感じられるように設計されています。 他の 2 つの貸切風呂は「100 年前の日本に連れて行ってくれる」と主張し、別の貸切風呂は「ほのかな硫黄の香りと温泉水が真の日本体験を提供します (ゲストハウス)」と付け加えています。

大丸別荘インはすぐに応答しませんでした ラック コメントを求められたとき。

READ  NASA宇宙飛行士の月着陸船の計画はSpaceXスターシップを超えて拡大