Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のホンダが中国で新型EVモデルを発売

東京、11月5日(ロイター) – 日本の本田技研工業株式会社 (7267.D) 土曜日に、世界最大の自動車市場で急速に成長しているバッテリー駆動の自動車セグメントを対象とした、中国専用の新しい電気自動車 (EV) ラインナップの 2 番目のモデルを発表しました。

日本の自動車メーカーは昨年、パートナーである GAC と今後 5 年間で「e:N シリーズ」と呼ばれる新しいブランドの下で EV モデルを発売する計画であると語った。 (601238.SS) と東風汽車 (0489.HK). 4月に中国で第1弾モデルの販売を開始。

「ホンダは、ホンダだけが提供できるユニークで多様な電動モビリティ製品で、中国の電動ブランドとしての地位を再構築している」と、ホンダの三部敏宏社長は声明で述べた。

ホンダと日本の主要な同業者であるトヨタ自動車が直面している重要な課題 (7203.D) と日産自動車 (7201.D)テスラなどのライバルに追いつく (TSLA.O) EV業界の先駆者。

ホンダは、2030年までにグローバルで30モデルのEVを投入し、年間200万台のEVを生産することを目指しています。

昨年、中国は、2030年以降、バッテリー電気自動車、水素燃料電池自動車、またはガソリン電気自動車を含む電気自動車モデルのみを導入すると述べた.

広汽ホンダと東風ホンダの 2 つの合弁会社は、2024 年に生産を開始する予定の新しい EV 専用組立工場を建設する予定です。

つきやまさとしによるレポート。 アナ・ニコラシ・ダ・コスタによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  トヨタは中部日本の給水障害を緩和するために井戸を利用しています