Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のホンダは減益、売上増加に伴いプロジェクトも順調に進む

日本のホンダは減益、売上増加に伴いプロジェクトも順調に進む

東京(AP通信)— ホンダの3月終了会計年度の利益は、半導体不足と新型コロナウイルスのパンデミックに関連して中国に課された制限によって売上が打撃を受け、1.7%減少した。

しかし、日本の自動車メーカーは木曜日、回復に向かっていると述べ、今会計年度の売上高と営業利益が過去最高になると予想した。

直前に終了した会計年度の純利益は、有利な為替レートによる恩恵が自動車販売の減少と捜索費用の増加により相殺され、6,952億円(52億ドル)となりました。

ホンダのような日本の輸出企業にとって、円安は海外での収益を円に換算した際の価値を高めるためプラスとなる。

同会計年度の売上高は、好調な二輪車販売に牽引され、16%増の16兆9000億円(1260億ドル)となった。

東京に本拠を置くホンダ工業は、2024年3月期の売上高が過去最高となる18兆2000億円(1360億ドル)になると予想している。 年度予想営業利益1兆円(75億ドル)も達成されれば、同社の記録となる。

アコードセダンとオデッセイミニバンのメーカーは、会計年度の純利益が8000億円(60億ドル)に改善すると予想している。

青山真治最高執行責任者(COO)は記者団に対し、今終了した会計年度の自動車販売は前年比で減少したが、回復する見通しだと語った。

ホンダは木曜日、四輪・二輪車用電池メーカーのGSユアサと電気自動車用電池の研究開発を行う新会社を設立する合弁契約を結んだことも発表した。

双方は、生産方法の考案を含め、リチウムイオン電池の分野での協力に注力すると述べた。 新会社の資本金は20億円で、出資比率はホンダが50%、GSユアサが50%となる。

この動きは、特に中国だけでなく米国や欧州など他の地域でも需要が増加しており、世界の自動車メーカーが消費者の電気自動車への大きなシフトに歩調を合わせようと躍起になっている中で行われた。

新会社の山本幸一社長は「新会社は両社の強みを最大限に発揮し、急成長する電池市場で確固たる存在感を確立していきたい」と述べた。

___

影山優里さんはTwitterです https://twitter.com/yurikageyama

READ  オリンピック-サッカー-日本工房はスペインに勝つために「150パーセント」を喜んで与える