Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のボクシングチームは、ドーピング事件にもかかわらず、北京でメダルを獲得することを望んでいます

2018年2月13日、韓国の平昌での記者会見の後、齋藤泰夫(右)と伊藤英仁(チーム副社長)がお辞儀をします。REUTERS/ Eric Gillard

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

北京(ロイター)-チームジャパンのスケーターは、北京でのフィギュアスケートイベントでメダルを獲得することを望んでいる、と日本オリンピック委員会は日曜日、ロシアのカミラバリーバを巻き込んだドーピングスキャンダルの傍観者として語った。 続きを読む

日本人シェフの伊藤英仁氏は記者会見で、「彼らはドーピングの問題やどのようなメダルを獲得するかについてはあまり考えていない。彼らはメダルセレモニーにもっと興味を持っており、北京にいる間にメダルを集めることができるかどうか疑問に思っている」と語った。会議。

日本のスケーターは月曜日のチームのフィギュアスケートイベントで、ロシアと米国に続いて3位で終了しました。その後、タイトルを獲得したロシアオリンピック委員会のチームの一部である15歳のValeevaによる正のドーピングテストのニュースが発表されました。 イベント。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

大会でのバリーバの将来は、北京時間午後8時30分(グリニッジ標準時12時30分)にスポーツ仲裁裁判所(CAS)が審理した後に決定される予定です。 続きを読む

日米は最終結果を待っています。

「選手たちはメダル授与式を待たなければならないことに少しがっかりしている。彼らはそのメダルのために一生懸命働いた」と伊藤氏は語った。

シェフは、日本オリンピック委員会がドーピング事件の結果を受け入れると述べた。

「メダル授与式の時期がまだ決まっていないのは残念だが、日本とは関係ないので、バリーバ事件についてはコメントを控えたい」と伊藤氏は語った。

同氏は、「関係機関が必要な措置を講じると考えているため、コメントはしない」と述べた。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(村上さくらによる報告)ロバート・パーセルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  マックスフェルスタッペン対ルイスハミルトンブレイクアウトからのライブアップデート