Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のポニート港での盗難スキャンダル

日本の焼津水産株式会社は12月6日に会議を開き、地元の漁師に冷凍カツオ(カツオ)の盗難について説明しました。

東京湾の入り口近くに位置する焼津は、カツオの国内最高の港であり、国の総着陸量のほぼ半分を記録しています。

2月、協同組合の外注漁業会社である京京スーザンから5人が逮捕され、104万トン相当の冷凍カツオ4.4メートルトン(9,000米ドル、8,000ユーロ)を盗んだ罪で起訴された。 2月8日の市場。

協同組合の指導者たちは、オークションに向かう途中で占領された地域の一部が、不規則な記録ではなく、過去20年前の体系的な記録によって流用されたと述べた。 焼津漁業協同組合の西川和二郎会長は、盗難について会員に謝罪した。

ボートからのポニートキャッチをオークションに持ち込む際に魚が盗まれました。 港では、冷凍ポニートのカーゴネットが漁船からコンベヤーベルトにクレーンで持ち上げられ、サイズと重量に基づいてトレイに分類されてから市場に運ばれます。 運送業者によって輸送されたとき、一部のポニートはトラックで迂回され、オークションを避けて倉庫に直接運ばれました。 協同組合の役員は、魚を受け取る加工業者から机の下で給料を受け取った。

10月、静岡県警察により、イエス・フィッシャーマンズ協同組合の3人の労働者を含む、7人がこの計画に関与した容疑で逮捕された。 焼津に本拠を置くシーフード加工会社であるカネシンJKSの元幹部2名。 そして、運送業者の2人の労働者。

11月16日、検察は、ガネーシャのJKSの元リーダーである神道和夫氏と協同組合のメンバーである吉田実氏を含む5人を窃盗罪で起訴した。 残りの2人の容疑者は起訴なしで釈放された。 加工ポニートを専門とする八重州を拠点とするカネシンJKSは、ウェブサイトの破損について謝罪しました。

焼津水産協同組合省庁に提出された内部調査報告書によると、過去20年間に、協同組合の従業員がボニートを転用し、定期的に補償を受けた事例が少なくとも10件あります。 しかし、関係者数を特定することは非常に困難であり、被害総額は公表されていないとのことです。

盗難事件に加えて、買い手が製品の欠陥や鮮度の欠如などについて不満を述べた場合、次の漁業会社の配達から無料で製品を提供することで補償されると協同組合は述べた。 -漁業会社に通知せずに。

写真提供:Leah Fitchman / Shutterstock

READ  日本は9千万ドルを提供しています。 グリーンプロジェクトを推進したインドの功績