Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のマツダは、110億ドルの電化投資計画を発表した

日本のマツダ株式会社は、電動化のための 106 億ドルの支出計画を発表しました。 バッテリー生産への投資も検討している。 同社はまた、電気自動車の販売目標を引き上げ、2030 年までに全世界の販売台数の 40% に達するようにしています。

画像クレジット – Modernfuturetech.com

世界中の自動車メーカーは、環境規制の強化に伴い、電気自動車の生産とバッテリー製造に数十億ドルを費やしています。 マツダの投資計画は、トヨタやホンダなどの国内ライバルによる今年の同様の発表に続くもので、環境保護主義者や環境保護活動家の投資家から電動化の遅れを批判されてきた。 マツダは声明で、「バッテリー式電気自動車の完全な発売を奨励し、バッテリー生産への投資を検討する。世界販売におけるマツダの電気自動車のシェアは、2030年から25%から40%の範囲に上昇すると推定している」と述べた。 電気自動車販売の以前の目標は、2030 年までに 25% でした。

新しい予測は、業界全体の傾向に沿ったものであり、コンサルティング会社デロイトは、2030 年までに電気自動車の販売が全世界の新車販売の約 32% を占めると予想しています。3 段階計画の一環として、マツダはバッテリーを導入すると述べました。 2025 年から 2027 年までの期間として定義された「フェーズ 2 の後半」の EV モデル。 )への投資、最高経営責任者(CEO)の古賀明氏は記者団に、パートナーと実施し、研究開発に使用されると語った。 このニュースは日経産業日報が最初に報じた。

契約および合弁事業

古賀氏は、投資の詳細なタイムラインを明らかにすることを拒否し、電気自動車がどれだけ急速に普及するかにかかっていると付け加えた。 しかし、マツダの丸本章社長は、同社は新しいハイブリッドシステムの導入と内燃機関の効率向上を目指すと語った。 「マルチソリューションアプローチが効果的であると信じています」と彼は言いました。 自動車メーカーは、電気部品メーカーのロームを含む7社と協力して、電気駆動ユニットを共同開発および生産することに合意したと述べた. 同社幹部はまた、マツダはバッテリーメーカーのエンビジョンAESCと2025年から2027年までの期間限定で供給契約を結んだと述べた。

Envision AESC の CEO である松本修一氏は先月、同社が日本、欧州、米国、中国の自動車メーカーと新たな供給契約について協議しているとロイターに語った。 同社によると、マツダは2026年3月期の売上高が2022年3月期比で約45%増の約4.5兆円を目標としている。

コメント

コメント

READ  エスクードパイクスピークリターンズ-GTPlanet