Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のムーンランダーSLIMが月後の夜間運用のために復活する

日本のムーンランダーSLIMが月後の夜間運用のために復活する

日本の月探査にとって重要な時期に、月夜の極寒に遭遇した月探査インテリジェントランダー(SLIM)が作業に復帰し、新しい映像を地球に送信したと宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表した。 この成功は、着陸船が1月の着陸以来、月面で2回目の長い暗闇の期間を生き延びたことを示している。

概要: 日本の宇宙機関 JAXA は、無人月着陸船 SLIM が 2 回目の月の夜を経験した後、再起動に成功したと発表した。 ソーラーパネルの調整中に位置ずれの問題が発生し、最初の着陸が困難だった着陸船の復活は、月の過酷な条件を考慮すると賞賛に値する成果を意味する。 復活後、SLIMはミッションを再開し、ナビゲーションカメラで画像を撮影し、さらなる科学ミッションの準備をしました。

SLIMは月面の氷点下の2週間の間活動を停止していたが、着陸船はまだ高い月の太陽の下、機器の温度が社内の温度に達した状態で短い撮影セッションを行ったため、SLIMの最近の帰還は宇宙航空研究開発機構の科学者らによって熱狂的に迎えられた。運用上の限界。 これには、月のクレーター状の地形を示す画像も公開され、SLIM探査機の今後の見通しが強調された。

月のマントルの表面からアクセスできる部分を調査するために設計された SLIM は、正確な着陸能力により「ムーン スナイパー」というあだ名が付けられています。 この技術的成果により、日本は月面軟着陸を達成した5番目の国となった後、月探査競争において重要な地位を築いた。 この目覚めは、太陽電池パネルの適切な誘導にもかかわらず、残念ながら月の夜の後に再起動できなかったアメリカ自身の着陸船オデュッセウスの最近のニュースとは全く対照的である。

日本の月探査とSLIMの帰還

月の夜は極度の低温により、搭載された機器やシステムが動作不能になる可能性があるため、月で活動する宇宙船にとっては重要なテストとなります。 SLIM がこの課題に勝利したことは、日本の月面技術の柔軟性と高度なエンジニアリングを裏付けています。 この成功により、日本は成長する世界産業へと押し上げられており、宇宙探査は国家の誇りと科学的成果の象徴であるだけでなく、大きな経済的将来性をもたらす繁栄した市場でもあります。

業界への影響と市場の見通し

宇宙産業は、民間宇宙プロジェクトや国際協力の台頭により変革期を迎えています。 特に月探査分野では、人類を月に帰還させることを目的としたNASA主導のアルテミス計画などの取り組みに新たな関心が集まっている。 宇宙航空研究開発機構の SLIM によって実証されたものなど、着陸船技術の進歩は、月面インフラの開発と資源利用にとって極めて重要です。

MarketsandMarkets のレポートでは、世界の宇宙経済は 2020 年の 3,500 億ドルから 2040 年までに 1 兆ドル以上に成長する可能性があると予測されています。この大幅な成長は、日本の SLIM や衛星などの無人探査ミッションの増加によって部分的に推進されると予想されています。空間。 月資源の開発や宇宙旅行などの商業宇宙活動の出現。

業界の課題と課題

成功にもかかわらず、月探査業界は多くの課題に直面しています。 これらには、過酷な宇宙環境を生き抜く技術的な困難、国際的な規制問題、宇宙ミッションに関連する莫大な費用が含まれます。 さらに、より多くの国や民間団体が月を探査するにつれて、宇宙倫理を保護し、月が地政学的緊張の地域になるのを防ぐことへの懸念も高まっています。

月夜の後のSLIMの運用の成功は、業界関係者がエンジニアリングの創意工夫と慎重なミッション計画を通じてこれらの問題のいくつかをどのように克服しているかを示しており、将来の月ミッションの安全性と持続可能性を確保するためには、この傾向を継続する必要があります。

宇宙探査のより広範な文脈とその中での日本の役割について詳しく知りたい方は、ウェブサイトをご覧ください。 宇宙航空研究開発機構 Webサイト。 同様に、宇宙産業の市場状況と展望を理解したい人は、以前に紹介した調査を参照してください。 市場と市場

月の極端な条件下での SLIM の継続的なパフォーマンスと回復力は、宇宙探査の歴史における JAXA の地位を強化するだけでなく、科学界と宇宙産業全般の両方に前向きな見通しをもたらすものでもあります。 SLIM 探査機とアメリカ独自の着陸船オデュッセウスの対照的な運命は、月探査の競争と挑戦の性質、そして継続的な革新と強い決意の重要性を浮き彫りにしています。

READ  アストンマーティン DBS 770 アルティメット レビュー (2023)