Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のメーカーが「HYSE水素技術開発協議会」を設立

日本のメーカーが「HYSE水素技術開発協議会」を設立

ビッグ 4 は HySE Association を通じて水素技術の進歩に協力する承認を得る

ヤマハ発動機、ホンダ、川崎重工業、スズキの国内大手4社は、経済産業省から技術調査の認可を受けたと発表した。 HySE (Hydrogen Small Mobility and Engine Technology) と呼ばれる団体で、オートバイ、小型船舶、ドローンなどの小型モビリティ製品用の水素動力エンジンの開発を任務としています。

カーボンニュートラル社会の実現には、単一のエネルギー源に焦点を当てるのではなく、モビリティ分野におけるさまざまな課題に取り組む複線的な戦略が必要です。 こうした中、次世代エネルギー源とされる水素を燃料とするモビリティの実用化に向けた研究開発が本格化している。

しかし、水素の使用には、火炎速度が速く、着火面積が広いため、燃焼が不安定になることが多く、小型の移動車両で使用する場合は燃料タンクの容量が制限されるなどの技術的な課題があります。 これらの課題に対し、HySEのメンバーは、ガソリンエンジンの開発における豊富な経験と技術を活かし、水素の設計基準を作るという共通の使命を持って基礎研究に取り組んでいきます。小さなモビリティに。 エンジンを駆動し、この分野の基礎研究を推進します。

HySE会員は、今後もユーザーに超小型モビリティの多様な選択肢を提供し、多様なニーズに応えるべく協力関係を深め、脱炭素社会の実現に貢献してまいります。

ヤマハ発動機株式会社 HySE 会長候補者兼技術研究開発センター執行役員 小松 健二氏株式会社 「協会の設立計画を発表できることを大変うれしく思います。水素を動力とするエンジンの開発には多くの課題がありますが、協会の活動によってそれらの課題に対処するための基礎研究が前進することを期待しています。」私たちは、先人たちの長い努力の結晶である内燃機関の使用手順を保存するという使命感を持ってこの取り組みに取り組んでいます。

研究開発の主な分野と各企業の役割は次のとおりです。

  1. 水素エンジンを探す

水素エンジンのモデルベース開発研究(ホンダ)
水素エンジンの機能・性能・信頼性に関わる要素の検討(スズキ)

本物の水素エンジンを用いた機能・性能・信頼性に関するアクションリサーチ(ヤマハ発動機、カワサキモータース)

  1. 水素充填システムの検討

小型モビリティ用水素充填システムおよび水素タンクの要件検討(ヤマハ)

  1. 燃料供給システムに関する研究

燃料供給系およびタンクに必要な補機類、燃料タンクとインジェクターの間に設置される機器の検討(カワサキモータース)

正会員(上記二輪車メーカー4社)に加え、川崎重工業株式会社も川崎重工業株式会社をサポートしています。 特別会員としてトヨタ自動車株式会社を迎えます。 川崎重工業は、「二酸化炭素フリーエネルギーサプライチェーン技術研究組合(HySTRA)」の幹事会社の一つとして、HySTRAの活動で得た知見をもとにHySEの活動を推進していきます。 , トヨタは、全輪駆動車用の大型水素燃料パワーユニットの試験、分析、設計における専門知識を活用し、HySEの研究結果を活用して水素燃料エンジンの開発を最大限に活用する役割を担うことになる。

READ  Gollum 開発者 Daedalic Entertainment での不正行為を報告する